無料ブログはココログ

« ベースシンセサイザ | トップページ | トート音楽院映像活用講座 »

2015年5月20日 (水)

真空管アンプの評価

今回の製作で是非やりたかったのが、プライベートで使える楽器用の真空管アンプの自作でした。

R1049384

やってみて、音楽ソースではなく、実際の楽器の音を入れてみるとなかなか良かったのですが、測定が後、回しで、今日チェックをしてみました。

出力、歪、波形などの確認もし、

6L6 はエレハモのEHの方が良い結果になるこ確認しましたが

ノグチトランスの出力トランスのSG端子も深い巻き方がしているようです。

R1049385

そしてスピーカはヤフオクで入手したものエッジ交換品。1本は音がでないのですが

ドロンコーンに使う・・・ということで解決です。

« ベースシンセサイザ | トップページ | トート音楽院映像活用講座 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベースシンセサイザ | トップページ | トート音楽院映像活用講座 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ