無料ブログはココログ

« 楽器エフェクタ、オーディオ製作の部品整理 | トップページ | DV-7研究通信DVD制作はじまる »

2015年8月 6日 (木)

真空管アンプの音質のかなめ、トランス

絶版品も使える、個人のオーディオです。オーディオの自作を始めた高校生の頃、今から45年前!と言えばトランスといえばLUX製か山水製、ちょっとマニアはタムラ製と決まっていた頃でもありした。TANGOのトランスが音質的にも評価されるのはその数年後、LUXや山水のトランスの入手も難しくなってのことと思います。

そのTANGOも終業し、でも今はオークションがあります。

R1049790

上記はいずれもLUXのトランスで奥はOY15シリーズ。その隣はOY36シリーズ。手前のクリップで大きさは解るか・・・と

昔はお金がなくてCSZシリーズ、それも15でした。でも単純に値段ではなくPPのバランスなんですが。市場では最近需要共有が一巡したのかOYシリーズも以前ほど高価ではありません。

損失が大きい、特性ずれがおこる、壊れ易いなどいろいろ言われているようでもあるのですが。

手前は不人気で意外に安く入手できたマッチングトランス。40~4Kを4,8、16Ωに変換できると実験にもとても利用できそうです。

« 楽器エフェクタ、オーディオ製作の部品整理 | トップページ | DV-7研究通信DVD制作はじまる »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽器エフェクタ、オーディオ製作の部品整理 | トップページ | DV-7研究通信DVD制作はじまる »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ