無料ブログはココログ

« みんなのうたページ | トップページ | エフェクタ電子楽器企画 »

2015年9月 1日 (火)

TU-8200 計測ユニットの検証

丁度追加入手した8045Gをチェックしたいのですが

そのままでは動作限界なので、ソケットアダプターを作って計測してみました。

R0048891

具合よくバランスしてくれました。

8045Gは最後に出たオーディオ出力管、それも大型3極管です。

ラックス/NECの球ですがラックスのA3700などで使われていました。いじってみると解りますが本来球のばらつきも多いようです。基本ピン接続は6L6似ですが、放熱のために他ピンにも接続されており、3結接続時のみピン配置が整合します。しかしそのままTU-8200に挿すとカソード電流が規格を越え、アラート表示(LEDが変色)されます。また規格表によればヒーター電流が大きく表記されているので、TU-8200での使用することはできません。

« みんなのうたページ | トップページ | エフェクタ電子楽器企画 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みんなのうたページ | トップページ | エフェクタ電子楽器企画 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ