無料ブログはココログ

« DV-7研究2016年1月号リリース | トップページ | ヘッドホンアンプのOPアンプ挿し替え »

2016年1月 9日 (土)

オーディオ系の整備 ソース切り替えバックアップ

お正月は製作と原稿をやりながらやっていました。前後していますがホローすることにしています。

R0049128

オーディオセレクタは試聴系のソース選択でCD,アナログレコード、チューナー、オープンテープ、ハイレゾ音源が選択できます。さらにエフェクターがインサートできるようにもなっています。この系統はパッチ化しているので試作実験にも対応できます。

これでもソース入力は足りないので、後は抜き差しで対応となります。

R0049131

これで各種メディアにも対応しています。

またこれらのソースを別選択でPCへのデジタイズに送れます。

R0049112

オーディオインターエースは編集用のEC-1兼用です。

EC-1出力のオーディオもシステムに接続されています。

R0049067

デジタイズ系はテープやアナログレコードをあまりこすりたくない・・・ということもありますが、取り込んで加工という目的もあります。オープンデッキは各種所有していましたが、現在、自分で修理して全開で動作する19/38cm4trのデッキだけですので、9.5cm/S、4.75cm/Sで録音されたテープは19cm/sで再生してPCに取り込み、ソフトで速度を変更するという方法で対応しています。しかしこの考え方はアナログ時代からある方法で、50年ほど前76cmの再生機が使えない時は38cm再生を19cmでダビング録音して38cmで再生したという放送関係の方からお話を先日お聞きしました。

ホームページのオーディオ掲載です。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page016.html

« DV-7研究2016年1月号リリース | トップページ | ヘッドホンアンプのOPアンプ挿し替え »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DV-7研究2016年1月号リリース | トップページ | ヘッドホンアンプのOPアンプ挿し替え »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ