無料ブログはココログ

« 元日の試作検討 | トップページ | 2016初詣 武蔵野八幡 »

2016年1月 2日 (土)

オーディオの楽しみ

オーディオには、特性や性能、音楽や好みなどいろいろな軸があると思いますが、時間という軸もあるのが楽しいところです。

R0049109

昨年入手したカートリッジで聴いてみました。こちらはシュアーにV-15タイプ4

R0049111
一番直近に入手したのはオルトフォンのSPUです。

R0049110
アナログレコードで楽しかったのは、音楽や好みに合わせて、

カートリッジを交換できたこともその1つでした。いろいろな音のキャラクタがあり、楽しめます。今音の出る状態のもので20機種はあるでしょうか。

最近はアナログディスクブームで、昔のカートリッジも高価で入手しにくかったりします。

このあたりもオーディオが時間軸によって変わって行くところかもしれませんが、

アナログディスクの再生にはレコードのコンディションにあわせた針圧の調整や、機器の整備など運用するというお作法もあったり、そうしたところに趣味としての喜びがあったりする訳です。

プレーヤ系は自分でセレクタを作り、どちらのアームをどのアンプで使うをセレクトできるようにしています。オーディオテクニカのアームはJ字型ですが、放送局でも使われたタイプでがっちりしたもので、主にMC型のカートリッジを付けています。そのためMC型用のトランスを接続(バイパスもできる)しました。

もう一方はグレースの軽量アームですが、S字タイプでテクニカ同様ロングアームですが、こちらが凄く長く見えるのはテイパードタイプのパイプで細身にできているからでしょう。ハイコンプライアンスタイプのカートリッジが得意なように思います。

この2本で使い分けますが、かけるレコードを決めたら、カートリッジを2本選ぶ楽しみがあります。

ホームページのアナログ関連、カットリッジ関連掲載です。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage1.html

« 元日の試作検討 | トップページ | 2016初詣 武蔵野八幡 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元日の試作検討 | トップページ | 2016初詣 武蔵野八幡 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ