無料ブログはココログ

« エレキット TU-HP02 レビュー 製品の可能性 | トップページ | 最近の電子楽器製作プロジェクト »

2016年1月31日 (日)

エレキット ヘッドホンアンプ TU-HP02 レビュー番外編 試聴準備 

トラ技の4月号の連載製作記事の原稿を繰り上げて本日入れて、引き続き検証音作りをしています。そんなことでレビューができていないのですが、次の試聴について計画をしつつ、思いついたTU-HP02活用で、エフェクタや電子楽器試作をポータブルヘッドホンアンプでしてみては・・・早速先バラのケーブルを作ってみました。

R0049177

しかし、このケーブルは入力だけでなく出力にも使える・・・

丁度1年前、10cmフルレンジ・スピーカのフォステクスのFE103Solを買いそこなって探していたら、メルマガで16Ωなら在庫ありということで購入したことを思い出しました。これならTU-HP02の推奨インピーダンス16~32Ωということで、出力も170mW!ある訳ですから。

R0049174

案の定、深夜ならうるさいくらいにスピーカを鳴らしてくれます。

R0049175

これが、クリア繊細で結構良くなるのです。FE103はもともと真空管アンプと組み合わせも良い音を出すスピーカです。

R1049172

スピーカの能率が良く、部屋が小さくスピーカからの距離が近ければそう大きな出力はいらないものです。特に、まわりが静かで大きな音を出せない深夜では。

特に宇多田ヒカルの音源は録音レベルも高く、ボリウムを2時まで戻しました。

スピーカも鳴らしてもクオリティーが高いヘッドホンアンプですが、一般に今のスピーカは6~8Ωなので接続対象外、たまたま16Ωを買ったことが幸いしました。

R0049176

« エレキット TU-HP02 レビュー 製品の可能性 | トップページ | 最近の電子楽器製作プロジェクト »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エレキット TU-HP02 レビュー 製品の可能性 | トップページ | 最近の電子楽器製作プロジェクト »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ