無料ブログはココログ

« 真空管サウンド 3極管の魅力 | トップページ | 3極管アンプの音 »

2016年2月13日 (土)

楽器プロジェクト進捗

今月の月刊DV-7研究をリリースしてから3日、工作の進み具合は少し停滞していました。母の通院付添などもあったのですが、技術的な課題も大きくありました。

R0049270

今回ネットでデバイスを見つけたのがきっかけでしたが、35年前に使ったデバイスの弟分にあたるもので、資料も散逸していて、メーカーのデータシートを見つけ、これを参考に回路を起こしました。動作も昔使ったデバイスの機能をいくつか落としたもので、25年前くらいに一度工作でつかった記憶もあります。

しかし実際に回路を組んだのですが動作しません、あれこれやっても途中までお怪しげな動作をするばかり、配線を基本からやりなおしたりで、念のためと思い検索ワードなどを変えてチャレンジしたところ、このデバイスを使った製品のサービスノートが見つかりました。

それで解ったのはネットで見つけたメーカーのデータシートのピン配置・番号が全く違います。

驚いた次第ですが、試してみると(全ピン違うの配線しなおし)動作するではないですか!

どうしてこんなことになっているのかは、今となって不明ですが、1オクターブが動作しのこり3オクターブ分の配線となりました。

設計の方は間違っていなかったようで、チューニングチェックを行いました。

« 真空管サウンド 3極管の魅力 | トップページ | 3極管アンプの音 »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真空管サウンド 3極管の魅力 | トップページ | 3極管アンプの音 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ