無料ブログはココログ

« 懐かしもの取材 | トップページ | 月刊DV-7研究2016年6月号制作 »

2016年6月 7日 (火)

以前より見たかった書籍がとどく

R1051270_2

10年ほど前に出て今はAでも当初の3倍くらいの値段でとても手の出ない本でしたが、定価より少し高い値段で入手できました。

このところ話題にしていたのは1973年発刊の復刻本でした。

R1051271

シングルアンプは40アイテム中、7アイテムで、いずれも3極管。6G-A4の傍熱型を除けばいずれも3極管で、45、12A、211A各2アイテムづつ。当時入手できたはずの3極管よりは古典的な球が選ばれ、それゆえ純3極管なのは上杉氏らしいところだったのかもしれません。6R-A8や50C-A10などの球が入手できた頃ですが。

さて話題を近年に戻して管球王国での制作の総集編である今回入手した本ではどんな球が得ばれているかが見られるところが興味深いところです。

« 懐かしもの取材 | トップページ | 月刊DV-7研究2016年6月号制作 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしもの取材 | トップページ | 月刊DV-7研究2016年6月号制作 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ