無料ブログはココログ

« ELシリーズの球を使ったアンプ | トップページ | みんなのうたページ更新 »

2016年6月16日 (木)

オークション入手の球を鳴らしてみる

CV-1052/EL-32、評判が良いというのでオークションで入手、聴いてみました。

R0049496

なかなか良い音なので、試聴大会になりました。お相手はプスバン:300B(TU-8300)、ソヴテック:2A3(HC-2)、NEC:6C-A10(TU-879)といずれも3極管シングル強敵ですので、CV-1052/VT-52/EL-32も3結で鳴らします。

CV-1052/EL-32をTU-8200に挿すには手持ちの6BQ6GTのアダプタを改造しました。10分工作、こちらがトップグリッド。ラジオ球らしいですね。変換コネクタだけではTU-8200の自動バイアス回路により電流が流れすぎてしまうので工夫は必要です。

 MULLARD ムラードの球でしたがストレートな形状の球でした。小さな球ですが自作の3ウェイスピーカで雄大な音がします。中高音はエレガントというかチャーミングという言うか、3結はなかなかの音で歴代の名球と結構はりあってくれます。

« ELシリーズの球を使ったアンプ | トップページ | みんなのうたページ更新 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ELシリーズの球を使ったアンプ | トップページ | みんなのうたページ更新 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ