無料ブログはココログ

« アンビエンスアダプターチェック | トップページ | 久々の母の外食 »

2016年11月 4日 (金)

立体エフェクト

アンビエンスで思い出したのが同時期話題となったスペースサイザ。

R0049815

アナログのレコードも残っていました。1979年ころのこと

R0049814

360度はオーバーですが、音場が拡大した感じ、これが従来2chでできるというもの。

R0049813

これが(右)がそれですが、4→2chのエンコーダだと思われます。

左がおそらく4chミキサー(部)なのでしょう。

R0049816

4ch時代には無線と実験などの誌上に、4chエンコーダの製作記事が出ました。基本はマトリックスと移相器ですが、使用帯域でになるので多段にシリーズの回路であったように思います。

« アンビエンスアダプターチェック | トップページ | 久々の母の外食 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンビエンスアダプターチェック | トップページ | 久々の母の外食 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ