無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

集大成真空管パワーアンプ

ラジオ技術は大学時代の先輩が執筆していました。この本では名器と題し執筆陣の一人として書いていました。この本はもともとデジタル時代に入いる1982年の別冊で出たもので、デジタルオーディオが充実した1989年に復刻されたものです。

R0050032

それから30年近くがたっていますが、今読んでいても勉強になる点も多く、現代にひきつがれた真空管アンプの思想については今読んでも、凝縮され、よくまとまっています。擦り切れたレコードだけでなく、ソースとして新しいレコードを真空管アンプで聞けると、こうした記事もまた楽しく読むことが出来、製作意欲、研究意欲もわいてきます。

2017年1月30日 (月)

山口美央子さんのLPを聴く

FBの話題から、LP棚からアナログ盤をひっぱり出し、聴いてみると中々良いサウンドがしています。1枚目の夢飛行、摩訶不思議なちょっと矢野顕子さんも感じさせるオリエンタルな感じにシンセポップ。井上鑑さんが演奏プロデュースに参加しているところでは2枚目のNirvanaはより耳馴染みの良い曲もあって、工房のうちのサブシステムでも伸びやかな音がしてます。全曲ではないですが松原正樹さんの張りのあるEギターを聴くことができます。調べると山口美央子さんのLPはCD化されていないようです。当時けっしてメジャーではなかったですがシンセファンの仲間には結構人気でした。

R0050023

Nirvanaのアルバムジャケットは記憶どおり変わっていて表紙が窓になっていてうち面のエレベータのドアだけが見えているという仕掛け、うち面の色相の効果もあって別世界のようになっている・・・どこでもドア的なトリップ感なのか・・・

R0050022

今ネットで音は聴けることも多いし、ジャケットの画像もアップされていますが、実際は平面的なスタティックなものではない・・・アナログ的な実物だから伝わってくることも・・・

R0050021

表紙左上の三角の模様も実はシールで剥がせたり

このLPを買った1980年、1981年といえばデジタル時代のほんの手前でレコーディングなどかなりの音質が期待できた頃でもあります。

さて聴くのに使ったカートリッジはシュアーV15タイプ2と当時でもすでにオールドなものですがレコーディングが良いのか、どうどう良い音がしています。

R0050024

当時、シュアーV15と言えば最高峰級のあたり前すぎりものであって、なぜか避けていた感じもするのですが、今、300Bのシングルアンプで鳴らしてみると、沢山あるカートリッジも結局そこに行ってしまうことを思うと、かつての先人たちの選択もたいしたものだったと思います。そんななかで60年代~70年代とオーディオの世界の選択組み合わせであれこれさまよっていたこともここに至る過程なのかもしれません。

2017年1月29日 (日)

初代ビデオカメラをオークション出品

本夕終了ですが、JVCのGR-C1、30年以上前、一体型ムービーで、映画"バック・トゥ・ザ・フューチャー”で登場し映画ストーリーでも重要な役割をした赤い家庭用ビデオカメラとして知られる人気モデルです。赤茶のカメラケースもちょっと小粋で人気のあったおしゃれなアイテムでした。思い出も有り、スペースさえあればケースなどもとっておきたかったものですが。入札も入り、いよいよお別れのようです。

Img_8958_2

セパレート時代からビデオをはじめていましたが、可搬型のデッキを買って、カメラを買おうとした時には一体型の時代に入っていましたので撮影してのムービーづくりはここから始まったことになります。当時の30万円は時代としても生活としても大金でした。

Img_8959

http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x474047400

2017年1月28日 (土)

吉祥寺産経学園上達ビデオ講座

お使いの皆さんのご質問にお答えしています。

R1052197_3

本日はUSBメモリーにプロジェクトを入れてのお持込みでしたので、拝見しながら編集を修正しながら受講生の方の作品を仕上げました

2017年1月27日 (金)

ジオラマ講座準備

今春開講予定のジオラマ製作講座、教材作例を検討中です。ジオラマ工作はドールハウス、プラモデル、鉄道模型と各所に存在して、テーマや主体もいろいろですが、それだけにそれぞれの分野を深くやっていっての先になりやすいのですが、ここでは共通する工作手法を実際に習得するもので、まず体験講座の教材づくりからはじめています。

R1052192e

2017年1月26日 (木)

冬休み研究

60年代初め、長野県松本での冬休みは「正月休み」と「寒中休み」の2つがありました。長野県学校は休みが少ない・・僕らの頃は長い冬休みのために夏休みが短いと思っていました。

Huyumage4

そんなところを含め更新しました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage38.html

2017年1月25日 (水)

吉祥寺アトレ ハーブス

妻とお友達が久々に会うということでランチをご馳走しました。

R1052185_3

自分も久々にここに来ました。1500円でドリンク・サラダ・パスタそしてケーキ(通常の半分の大きさ)も付くのでお得です。

R1052186

パスタもケーキもさすがに美味しいですね。

私もいろいろとお話をさせていただきました。

今回は溜まったアトレカードのポイントを使いました。

お昼は一人コンビニ弁当の予定でしたが、妻に呼ばれ、楽しい会食をいっしょにすることができました。

2017年1月24日 (火)

トミーでないプラレール

ブリキ、ゼンマイ玩具のトープラが作ったプレレールのアクションシリーズ。ネットでもなかなか見つからないのですが、義弟が持っていたものを修理してみました。

Img_8962

シーソーの折れていた足、無くなった柱、そして外箱。模型の技術が役立ちました。レースカーは調達していただくこととして、スペースがありませんのでオークションに出します。

2017年1月23日 (月)

年賀お年玉結果

今年は3等が3本、180枚くらいですので確立的にはまずまずということでしょうか。

1月15日に発表になってましたが、抽選日は昔変わらない・・・昔は15日成人の日だったはず。子供の頃、楽しみにしていました。

当たらない年は1枚とか0とかあったので、それから言えば良い方です。

年賀状と言えば、今年はじめて姪から年賀状を貰いました。自分で描いた絵をパソコンに取り込んで着色して作ったそうです。

R1052181

2017年1月22日 (日)

久々のプレゼン資料作成

お休み宣言をしておりましたが、妻の打ち合わせ資料を朝4時から作って、10時半には打ち合わせ訪問となりました。

R0050017

久々にパワーポイントを使いました。打ち合わせが終わって、アトレのワイアードカフェで食事、妻は午後からレッスン講師となりました。

2017年1月21日 (土)

オーディオシステムの行方

自作オーディオでは単なる機器の組み合わせだけでなく、自分で作るというのがあるだけに、その機器の音の方向性をどうするか、どうして行くかというのがあります。しかし、もともとシステムとしてどういう方向を向いているのかというのもあって、それは個人個人でしょうが、それぞれ違っていて良いように思います。近年のように、一般にも音源としてデジタルだけでなく、アナログもあり、今聴いてみるといろいろなことが思い起こされてきます。

R0048625
 CD以前は、ソースの再現性課題に重点を置いていたように思います。スピーカーもそうですが課題の多いところに要素が多くが隠されています。デジタルと忠実な再現ができてみると、それへの疑い~本当かというのと「再現」とはという疑問も生まれる一方、再現ではもっと手前にあるアナログの音源に音楽性を十分感じられる不思議があったりします。

 昔は原音再生(元音再生)がオーディオの大きなテーマでしたが、実際にどこに元の音がなにが元の音なのかという音楽も多い現状もあります。本当の元音を知ることができる方も多くはないと思います。現場近くでの経験をしたものとしては特に感ずるところです。聴く側が満足して音楽を聴ける音が出るということが大切と個人的には感じ、アナログにも魅力を感ずる今日この頃、最近アナログディスクの入手できる状況は嬉しいことの1つで、また新たにシステム、機器をいじる喜びが増す思いがします。

 この何年かに渡り自分なりに整備充実したアナログ系も、より意味を増してきました。

2017年1月20日 (金)

吉祥寺千年葡萄屋の閉店

料理も美味しく、価格もお手ごろで、家にも近いと3拍子揃って、毎週いっていた時期もありましたが1月19日で閉店となりました。人気店ですが場所の契約によるものと聞いています。

R1052175

このお店の料理で知ったのは味やメニューだけでなく、料理の方法についてでしょう。

たとえば「コンフィ」などがそれで、最終日のいただいたポークの味食感は絶妙でした。

2017年1月19日 (木)

DV-7研究会月例会

新年の作品上映はいろいろありましたが、吉祥寺産経学園の上達ビデオ講座にも通われている方の作品もあり、昨年末会員の皆さんで見たところで出た意見で修正した作品で、大変苦労してまとめられて良くまとまっていました。

R1052180ejpg

制限時間は上映会によって違い、作品の長さの短縮を望まれることが多いですが、作者には難しい作業だったりします。どうしても1カットの長さを短くすることでやると、カット数がやたらと多く感ずるところとなります。尺を縮めることを1つのチャンスと思って、シーンやカットを整理することも必要となります。

上映後は時間まで皆さんの質問にお答えしました。

最近、撮影しようとすると3脚禁止も多いですが、撮影とは別に持ち込みも禁止いるところがあるので注意が必要です。3脚を預けたら撮影ができるとは限らず、撮影自体が禁止で3脚の持ち込みも禁止という場所もあります。

動画撮影の禁止は以前は、個人使用はOKから全般になっていることもあります。権利問題や撮影の有償化とは違ったところで、問題のある動画がアップされた際、撮影を認めたものに責任が及ぶことを恐れての禁止もあるように思います。

2017年1月18日 (水)

井の頭公園散策

寒いこともあり、なかなかウォーキングに出ないのですが、母の通所の帰りを迎え、買い物ついでに足を少しを伸ばし、井の頭池を半周しました。

R1052157

以前に比べると水量が増えた井の頭池です。

R1052156
木々の葉も落ちたせいか、道の少し奥にある雨情の碑が他の季節より目立つような気がします。

季節が変わる、景色や雰囲気が変わるのが感じられるのも近隣に住むもの味わえる特典かもしれません。

市の健康診査

10月に旧会社の健康組合から国民健康保険に変わったことで、市から健康診査の案内が来て、予約したところ3カ月近くも待った今日、夫婦揃って健診ができました。

R1052153

朝食抜きでしたのでかなりの空腹、検診が終わって病院のとなりのドトールでミラノサンドを頂きました。

2017年1月17日 (火)

自作アンプの発想

このところ片づけの合間に過去ファイルした記事を検討しています.1980年代はじめの記事ですが球か石かではなく、方向は2つあると言うもの。1つはありとあらゆる回路技術を駆使して理想の動作を狙う方法、もう1つはデバイスのレベル、基本回路のレベルから見直してシンプル化を狙う方法。しかし答えは出てくる音でしょう。

R0050015
それぞれの方向に楽しみがあるように思います。個人として、自分のできる方法などいろいろな選択ができるのが自作アマチュアの楽しさでもあります。今の自分自身のオーディオとしてこうした記事、過去いろいろ振り返っても、筆者の方々が残した苦労や実験があふれており、それを読み解き考えてみる・・・当時ファイルに残したのは今この時のためだったのかもしれません。当時と違い自分自身の回路力やオーディオ経験も増しているはずですが、残された記事を今一度見てみると面白いものがあるように思います。

デジタル保存考

2月新刊の仕込みを含め、見直し、検討をはじめています。

R0050014

書籍や特集も多いようで、質問も多いです。ただデジタル保存でなく1)編集加工を考えた保存をしたい 2)修正加工して保存したい 3)デジタルを活かした整理をして情報の有効活用したい・・・となると、本に出ている多くは今の環境で見るための方法であることに気付きます。もちろん保存してからでしょうが、そのために画質劣化や時間手間、容量がかかるとなるとデジタル変換を十分考慮する必要があると思います。手法やテクニックも勿論、運用作法や基本ポリシーと大切なところをDVD化したいと思います。ご期待ください。

2017年1月16日 (月)

本格的な片づけ始まる

古い機材を出して整理を始めました。

これは義父が使ったカメラですが、今でも電源が入り、出力が出ました。

Img_8869

VHS-Cの日立のムービー 1980年代のカメラです。ACアダプタへのコードが紛失しておりバッテリーを充電して、カメラ動きました!フォーカスもズームも動きましたが

次々と昔のものが出て参ります。

新刊再生産

4:3などのSD映像をどう扱うかが良かったのか好評です。ということで少数ですが再生産しましたので、ご希望の方はお早目にご注文ください。

R0050011

過去映像や作品を新規作品の使うことや、過去作品をDVD化、BD化することも多くなっていると思いますが、その時の画角調整や色調整、ノイズや入っているテロップの処理などいろいろとあるものです。そのあたりのテクニックを研究しています。

本年に入り、暦どおりのお休みをとることになりました。これまでことだけでなく、他にやって行く必要が出てきており、そのための勉強蓄積の時間が必要となってきたためです。

2017年1月15日 (日)

吉祥寺千年葡萄屋

家族の体調で久々に行ったところ1月19日で閉店ということでびっくり!

R1052147

人参の前菜

R1052148

きゃべつとやりいかのパスタ

R1052149_2

ムール貝とかきのムニエル

R1052150

オリーブポークのお料理

R1052151

牛ステーキ

パンは食べ放題、そしてドリンク付き

本日も予約が多く、飛び込みでは・・・という状況でした。

あと何日でもありません。

記事ファイルが出てきました

無線と実験、ラジオ技術、電子科学など1970年代末までくらいの記事のスクラップです。他にもファイルがいくつかありますが、これは主に自分で作ったもの・・・と言っても自分のためではなく、昔会社の同僚や先輩後輩からの要望で雑誌記事掲載の製作物を作って欲しい・・・というものであったようで、一部には先行製作したものも(諸般の事情でキャンセル)なども。

R0050013

一部には試作品を仮納めして本作したものなどは試作品が自宅機器になっている現行のプリアンプのようなものも有り、パワーアンプなどは試作状態で何台かが休眠、基板状態、パーツ購入などとなっているので、メンテ用には良い資料です。オリジナル製作は原稿になったものは資料が残りますが、そうでないとメモ程度のもので、現物が回路なんてものはメンテ修理では記憶をたどることになったりします。しかし自分で考え出したものですからたどって解らないということはありませんが。

思いかえしてみると、こうして途中で結論や実証されていないものが結構あったり、オーディオも進化の樹のように最先端部分だけではなく、いくつかの枝や幹で止まった部分もあるようです。それもそれなりの結論まで行かずにその時の事情で選択されていることもあるのでしょうが。そうしたものもそこに戻らずとも今の地点で研究してみるとまた違ったものが見えてきますし、その枝の先に何があったのかも探るのも面白いところがあります。

2017年1月14日 (土)

アイテムの選択組み合わせとチューニング

テレビドラマを見ていると、オーディオシステムで共通するのするのがアンプは真空管で、ラックス製が多いように思います。品種的にはメーカー製ということもありプッシュプル型の回路構成をとったもののようです。

 大抵はオーディオソースはアナログディスクで、カートリッジがディスクをトレースする様がアップになります。どんな音がするのか・・・と思いますが、一般的にとにかく画になるということでしょう。

Audio5

 最近プレスされたアナログディスクを聴くことのできる最近は、出てくる生き生きした音からはファイルやCDに比べて面倒な操作も楽しいものですし、あらためて、これほどの音が出ていたんだと感心したりしています。

 JAZZ LPコレクションで出ているタイトルの録音年代は、1950年代、1960年代で、そこからこれだけの音が出るのですから。

 それも、オーディオアイテムが何でも良いということでもなく選択組み合わせ、そしてチューニングメンテナンスは大切なのだと思います。

 工房では大型スピーカがスペース的に持ち込めないので、フォステクスのユニットで構成した3ウェイが常用となりつつありますが、TU-8300との組み合わせも良く、JAZZでは楽しいサウンドを出してくれます。これはもともとスピーカーのネットワークのチューニングを真空管アンプを使って行ったこともあるのかもしれません。

 今挿している出力管は300Bで、出力不足も感じず、スコーカ、ツィータもホーン型で立ちあがりの良い音が出ています。小型ユニット、ボックスながら低音不足も感じず、出力トランスの換装も良かったようです。

 JAZZ LPコレクションからはまだ2枚ですが、もう少し増やしていっても良いのかもしれません。

2017年1月13日 (金)

60年代 懐かしの宝箱 開設11年

早いものです。開設が2006で、その前は「60年代通信」のファンとして10年近く投稿をしていました。

60net4

お知らせしていませんでしたが、新年になって、

みんなのうた、冬休み、雑誌、エフェクター、DV-7

などを更新しております。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

ジャズLPレコードコレクション 5号 (タイム・アウト デイヴ・ブルーベック)

忙しいこともあって、しばらくお休みをしてましたが、なかなか良いですね。

R0050009

変わったリズムが心地よい。懐かしいですね。

R0050008

本日は、シュアーV15Type2とオルトフォンのSPU対決。V15はType2,3、4を所有しますが、2が一番ノリが良く力がある感じがしています。60年代~70年代高い評価を得ていましたが、こうしたJAZZを聴いてみると解る感じがします。

R0050006

テクニカのアームAT-1501は放送局でも使われることが多かったもので、無駄がないシンプル設計、うちではMC型カートリッジを付けることが多く、デンオンDL103や、FRのFR-1、サテンなどを付けますが、リフターもなく、もう10年近く前に買った別添えのリフターをやっと付けてみる気になりました。

R0050007

オルトフォンSPUの入手にはずいぶん時間がかかりましたが、入手してから確認ぐらいで、今回整備してこうして聴いてみると優秀なカットリッジだと思います。1つづつ確認、そして確実に形にすることは重要ですね。

今週は新旧DVDの発送が続き、その中でのかたづけでしたが、これまでと違った新年のはじまりとなってなかなか良いと思います。

2017年1月12日 (木)

遅れた新年のご挨拶

母のインフルエンザ、姪のお腹の風邪で今日までお年玉が延期になっていました。

R1052145

このところDV-7のお問い合わせが多く、再インストールやアップデートのトラブルが今週は多くありました。本日は四国の新規の方から完全理解のご注文も有り、おなじみの方々からはエターナルハウスの雑貨を含めご注文をいただきました。明日出荷のために生産をして何とか当日に就寝となります。

続きを読む "遅れた新年のご挨拶" »

開園100年を向かえる井の頭公園

年末からいろいろあって、近くながらも久々です。

R1052140

先週ケーブルテレビで懐かしいかいぼりの様子が放送されていましたが、今は豊な水を湛えています。

R1052141

夕暮れが少しづつ遅くなってきました。しかし冬のこの時間、人は少ないですね。

R1052142

咲いているお花もスイセンくらいです。年末の木の剪定も終わったのか、公園全体が奇麗になっています。

R1052143

本日のご注文の出荷も終わり、久しぶりに井の頭池を一回りウォーキングで回ってみましたが、やはり日が伸び、日没が遅くなってきたということでしょう。

R1052139

公園事務所の掲示板に出ていますが、本年5月で開園100年、いろいろなイベントもありそうでにぎやかになるのかもしれません。

2017年1月11日 (水)

矢野顕子のデビューアルバムを久々に聴く

工房の片づけが始まりました。

R0050002

せっかくなので、昨年NHKBSの名盤ドキュメントで矢野顕子の『JAPANESE GIRL』をやっていて、久々に聴いてみたいと思ってましたので、システムを整備しながら鳴らしてみました。このアルバムは懐かしい・・・まだ当時有名になる前でしたが、とにかくアレンジもサウンドも面白い、それに音も良かった・・・本日カートリッジはシュアーのV-15タイプ2とテクニクスの205C2で聴いてみました。当時はDENONのDL103かグレースのF-8L、それともテクニカのAT-VM3だったかと。

2017年1月10日 (火)

新刊DVDリリース 修整技・画角技

12日とお知らせしましたが、本日ご予約の方に発送致しました。今回は4:3映像の16:9での演出方法、古い映像の色加工のポイント、画角由来のノイズや領域処理、旧ビデオ内のテロップ修正などすぐに使える実践的なものばかり45分で操作解説しています。昨今、昔撮られた映像や作った作品を有効利用することも多いはずです。そうした時のお作法や手法について解説しました。

R0049997

この休み中も皆さん編集をやられているようで質問をいただきました。

2017年1月 9日 (月)

3連休成人式

晴れ着姿も見かける、悪天候も交えた3連休でした。1月15日=成人式が頭に残る世代、すでに成人式を3回やったことにもなり、同窓会的な市の式典にもめぐり合わなかったことなど、過去ブログの思い出も探ることなく・・・本年からは暦通り休む日は休む3連休となりました。インフルエンザの母の看護で暮れ明けた年末年始でしたが、その余波でこちらも感染の恐怖から大事をとり沢山の課題を年頭から抱えました。幸い4日から制作をスタートしたおかげで、OB会や突然の小田原訪問前に月刊をリリースし、遠隔地の方にも10日なるまえに新年号をお届けすることができました。

R1052120

<インフル隔離で母一人分のおせち>アップ忘れ、お雑煮は自分の自作

さてお休みに何ができたというほどのことはありませんが、仕事をしなかった・・と言っても新刊の盤面やジャケデザインをして、3連休明けに備えてしまいました。主にホームページの更新準備です。

ブログからホームページへのリンク修正を2013年分まで3年分を終えたというところで、あと7年分が残るところです。

3連休、最終日、インフルエンザでいっしょにできなかったお正月をしのび母の作ったお雑煮をいただきました。

2017年1月 8日 (日)

雨の小田原

年末に母の従兄が亡くなり、母からお線香を上げて欲しいとの希望があって、妻と小田原に参りました。久々のロマンスカーは懐かしい塗色です。

R1052131

昼食は小田原ラスカのダイニングF。箱根の富士屋ホテルのレストランが入っています。

R1052132

ビーフカレーライスはしっかりお肉が入っています。

R1052133

こちらはお魚のコース、あまだいのグリルです。

午後は完全に雨天になってしまいました。

お線香を上げ

母の実家のあった場所へも行ってみました。

母の従兄は亡父の仕事時代の同僚でもありました。

2017年1月 7日 (土)

最初の会社のOB会

もう1978年なのでそろそろ40年、懐かしい集まりですが1年に1回以上はやってます。

今回は明治神宮の初詣はパスでお食事会だけ参加、渋谷マークシティの「菜な」でした。

R1052130

おばんざいご膳ということでお料理もおいしく

R1052128

健康、介護、税金、仕事、自然動物、PCや映像など数々話も出て、良い情報交換になりました

R1052129

トランジスタ技術2017年2月号ディメンション製作掲載

掲載誌が来ました。連載第13回、執筆の楽器エフェクタ回路集も今回が最終回。

R0049995

長いもので2015年8月号特集の80頁掲載の翌月9月号から、途中誌面都合のお休みも入って、ここまできました。発売は1月10日、書店でご覧ください。もともと特集で掲載できなかった8アイテムの記事でしたが、各回補強と新規書き下ろしの製作でここまで来ました。この路線でまだいくつかあったのですが、連載も長くなりましたのでこのあたりで一度リセットしていう感じです。

R0049996

ディメンションはもともと、既成ICを使った簡易版の原稿を入れていたのですが、せっかくですので定番のローランドSDD320を解析して新規モードを加え作り易い回路に変え、最近入手のしやすくなったBBDは回路掲載を沢山してきたのでビンテージの高電圧タイプの回路を掲載しています。この最終回の原稿を入れてから、パナソニックのアンビエンス回路の正体がつかめたのですが、盛り込むことなく誌面となっています。

2017年1月 6日 (金)

月刊DV-7研究2017年新年号の発送

新年4日から作業を開始し、法事が入ったことで、日程を繰り上げ、本夕発送しました。今年は土日には作業をせず、広く視野を広げるということでも良い方向かもしれません。

R0049964

新刊の方もオーサリングを終了し、マスターが仕上がりましたので、連休明けに作業すえれば12日のリリースが可能でしょう。

真空管アンプ記事のファイル見つかる

70年代を中心に集めていたファイルが見つかりました。無線と実験、ラジオ技術、電波技術などです。

R0049968

大学時代のクラブの先輩の記事もありました。30頁に渡る大作です。

先輩が4年の時、自分は1年でしたので大きな影響を受けたと思います。真空管211の音を聴いたこともありますが、先輩の家まで行って、聴かせていただいたスピーカーの音はびっくりで、同じスピーカーBOXを作り、今でも使っています。先輩を卒業されて家業を継がれましたが、ラジオ技術でアンプ製作記事を執筆され、掲載を楽しみしていたものです。

この記事はその中でも、まさに保存版

今見てもすごいボリュームです。

R0049969

そして、大学の恩師の記事もありました。

R0049970

じっくり読もうと思っていましたが、ここにファイルされていたとは。

2017年1月 5日 (木)

月刊、新刊制作

日曜に急に小田原の法事出席となり、偶然にも先行した制作が幸いしました。

一気に編集の仕上げ、月刊は発送作業への準備へと進めることなりました。

例月の進行では完全にアウトでしたが。

R0049963

2017年1月 4日 (水)

2017年新年号、月刊DV-7研究制作開始

R0049950

昨日、メール対応や出荷をしましたが、本日より制作スタートです。

新刊はDV-7関係で1巻です。本日両方の収録を行いました。

40分と48分予定です。

2017年1月 3日 (火)

60年代の冬休み研究でサイト更新

懐かしい、あの頃を思い出し、作成してみました。

Huyuyasumi

短い間でしたが小学生の頃、長野県松本市で過ごした冬休みを資料で回顧しました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage38.html

2017年1月 2日 (月)

初詣2017 武蔵野八幡宮

R1052121

例年より30分ほど早かったので、列も短く、待ち時間もそれほどでもありませんでした。

インフルエンザの母の代理も含め参拝致しました。帰りに吉祥寺パルコにまわりましたが、福袋を買いもとめる方々でにぎわっていました。こちらは今月9日で撤退するガーデンでのお買い物でした。

2017年1月 1日 (日)

新年早々 ジオラマ材料到着

昨年検討したケースの入手が難しく、大きいものを発注以前の半分の納期で到着しました。

R1052126

大きさは2割以上アップ。そのぶん迫力のある情景作品ができそうです。

謹賀新年2017

本年もよろしくお願いします。

昨年末、大晦日は母のインフルエンザで、その日のうちに就寝するというまず1年でも、また過去の大晦日でもないようなことになり、5時前に起床と元日での記録を作る2017年となっております。

そんな訳で工房の片づけも工具の整理途中のまま年を越すこととなりました。お正月をどう過ごすかという課題をかかえつつ、残り4日の安静期間を過ごすこととなります。

Nenga2017

昨年は母の2度の入院、秋の体調不良、そして大晦日のインフルといろいろありました。

ビデオ編集機DV7ではローランドの電話サポートが昨年3月で終了し、駆け込み寺的にお問い合わせが多くありました。退職で創刊した月刊DV-7研究は28号まで続き3年目を迎えています。ビデオサロンでの連載はすでに一昨年前に終わっていて、ビデオサロンの購読から自分の作る月刊DV-7研究へ移行された方が何人かいたのも昨年でした。毎月の新刊活用DVD発行も現在研究シリーズのビデオとなっています。昨年はEDIUSの解説DVDがシリーズ8種、プロジェクト&データ集1種、DV-7のこれまでというかローランドの映像製品が生まれたところからをまとめたDV7のすべてが出せたところも新しいところでした。本年は情報の少なくなってきたDV-7関係の情報発信と映像制作全般をまとめDVD化したいと思います。すでに3月までは新刊の予定が4月からは新シリーズを検討中です。

楽器エフェクタ製作関係の研究執筆は一昨年のトラ技特集の未掲載分を毎月紹介することで本年1月の13回目で25アイテムを紹介したことになり、過去仕事でも踏みこめなかったところや課題となっていたところへ進み特集で扱った数を越えたところで一段落、カテゴリーを絞ったより深い形で新しい出発ができれば(すでに何回分かの原稿を入れていますが)と思います。

模型関係はTMSレイアウトコンペに作品を出し受賞致しましたが、過去作品や活動が宝島別冊の「昭和30年代家計簿」で紹介され、ジオラマ作家として認めて頂いた昨年でした。昭和39年の渋谷ジオラマは鈴木慶一さんのCDアルバムのジャケットやブックレット、盤面までにもデザインで利用していただきました。昨年よりジオラマ教室やジオラマキットのご要望も頂いておりますので是非本年具体化したいところです。

オーディオ関係では、これまでやってきたところ振り返えり、実証できなかった部分を検証するところで計画しましたので、是非形のしたいところです。

昨年11月から妻の実家の立て直しが始まり、いろいろなものが出て来て、オークション出品が忙しくなりました。自分の不用品を含め処分しスペースを作りと片づけと効率的な活動ができる環境を作って行く必要があります。

活動全般に昨年末は一巡した感じで、年末には念願の工具整理が始まり、工房全般の環境整備を行いつつ、データや資料の整理バックアップとスタートに立った思いですすめて行きたいと考えています。本年力を入れて行く部分、具体的には出来ていなかった模型関係・オーディオ工作関係になると思います。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ