無料ブログはココログ

« 月刊DV-7研究2017年4月号リリース | トップページ | 月刊トランジスタ技術2017年5月号見本誌「ファズ」エフェクタ »

2017年4月 8日 (土)

トランジスタ技術年間CD-ROM2016掲載見本来る

昨年は1月の特集、1~6月 9,11月の連載を執筆しましたので見本誌?ということになりますが来ました。PDFによる収録で、広告や付録その他は入っていない、つまり記事だけです。薄くなったと言っても1年分では30cm幅くらいになりますし、価格的には+1000円くらいの1万3千円です。こうして見ると年後半は2回しか連載掲載がなく、ご心配をおかけしたした方もいたと思います。こちらもそれを良いことに執筆のピッチを下げてしまい、今苦労をしています。ただこの1巻で電子楽器&エフェクタ関係では100頁ちかくの情報があるので、これからバックナンバーをという方には1つの方法なのかもしれません。自分は特に誤記修正や内容追加はしてませんが、このCD-ROMは各月刊のデータ修正版なので、そういう面では良いものなのかと思います。

R1052416

具体内容をお知らせすると

各「楽器&エフェクタ回路図集」連載で

第12回 「ヒューマンボイスエフェクタ」 2016年11月号
第11回 「ブラスアンサンブル」 2016年9月号
第10回 「ストリングスアンサンブル」 2016年6月号
第9回 「ドローバーオルガン」 2016年5月号
第8回 「パーカッション・シンセサイザ」 2016年4月号
第7回 「ハンドクラップ・シンセサイザ」 2016年3月号
第6回 「アナログドラム音源ボックス+8拍ループシーケンサ」2016年2月号
第5回 「パラメトリック・イコライザ」 トランジスタ技術2016年1月号

および1月号の特集で、オクターバー、テルミン、セレクタについて各製作と解説を収録しています。

この連載全般などについてはホームページでも紹介しています。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage15.html

一昨年の特集からの執筆ですとトータルで200頁を越え、自作電子楽器・自作エフェクタファンの方にはいくばくかの情報提供になっているのかな思いますが、自分自身でもこれまでのまとめや製作調査実験確認にもなっており、良い機会をいただいたと思っております。引き続きよろしくお願いします。

« 月刊DV-7研究2017年4月号リリース | トップページ | 月刊トランジスタ技術2017年5月号見本誌「ファズ」エフェクタ »

「工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊DV-7研究2017年4月号リリース | トップページ | 月刊トランジスタ技術2017年5月号見本誌「ファズ」エフェクタ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ