無料ブログはココログ

« シンセモジュール製作~ディレイビブラート | トップページ | 追加シンセモジュール »

2017年7月29日 (土)

シンセ追加モジュールA

サンプル&ホールドのモジュールには、タイミングジェネレータと被サンプル用のオシレータ(ノイズジェネレータを含む)を内蔵させています、これらは外部入力がなければ、自走できるようにモジュール内で接続されます。タイミングジェネレータ、オシレータは独自で使えるように出力を持ちますが、オシレータはHz/VのVCOでサイン、三角、鋸歯(上昇・下降)、矩形の波形セレクトが出来、周波数レンジ切り替えでLFOにも使えます(S/Hの被サンプルではこれ)。

ディレイ・ビブラート改めディレイミュートはゲート入力でミュートがかかり徐々に出力されますが、ゲートのON/OFFでのエッジ・トリガ、コンティニアスの論理トリガ、そして逆動作がが選べます。

ということで以上が1ユニットになりました。

R1053309

久々のパネル穴あけ。組み込みとなりました。

午前は、今週の朝番組への協力の資料返却が有り、午後は7年ぶりの妻の親戚の訪問があって、夕方からの作業でした。

机上の設計もありましたが、組み込み動作をしてみての機能検証、仕様変更修正もありました。あと1ユニットを残すところですが、内容の濃いものになっています。

« シンセモジュール製作~ディレイビブラート | トップページ | 追加シンセモジュール »

「工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンセモジュール製作~ディレイビブラート | トップページ | 追加シンセモジュール »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ