無料ブログはココログ

« ICL8038ファンジェネ用IC | トップページ | DV-7研究会東京支部例会 »

2017年7月19日 (水)

カワイモデルカタログ

神田須田町にある鉄道模型の老舗メーカー。50年前小学生の時に当時秋葉原にあった交通博物の見学の帰りにお店の前を通ったのが初めてだったでしょうか。このカタログはそのもう少しあとの1970年頃のもののようです。

R1053301

カワイモデルと言えば、SLではカタログ表紙のC60そしてC59。掲載は製品だけではなく、パーツの使い方の説明など、今読んでみても充実しています。

カワイモデルで面白いのは正確なスケールモデルと「スタイル」と称する簡略化したものがあって、後者にはC11,C56がありましたが、いかにも模型的で当時小中学生であった自分にも他社と比べおもちゃ的な感じしていました。

鉄道模型のありかたとしては実物の正確の縮小がありさらに本物そっくり、本物に見える模型というのがあります。そこにはオーディオが目指したHiFiで、実物との刷り替え実験を思い出します。

模型には、模型らしい模型があってもという穏やかな時代は、目指しても完全なものは難しい、それは技術がそこまでなかったこともあるのでしょうが、近づけば近づくほど差はやはりあって本物ではやはりない。それなら模型としてのまとまりや楽しみがあってもということだったのかもしれません。

« ICL8038ファンジェネ用IC | トップページ | DV-7研究会東京支部例会 »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ICL8038ファンジェネ用IC | トップページ | DV-7研究会東京支部例会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ