無料ブログはココログ

« 産経学園上達ビデオ講座 | トップページ | アナログ・ディスカバリーでf特測定 »

2017年11月26日 (日)

真空管CDプレーヤ エレキットTU-884の修理

何年前だったかオークションで入手したものですが、段々トラッキングが悪くなって再生が難しくなってきました。もう2年前2015年になると思いますがメーカーからCDドライブの提供・修理が終了したと情報があったと思います。それ以前でも交換ユニットは7000円とか。内部を開けると判るのですが、CDプレーヤののユニットを使っています・・・というかCDプレーヤの基板まで入った鉄の箱をCDプレーヤユニットしている訳です。そこで該当するCDプレーヤの正常なドライブに交換すれば・・・ということで情報をもとに2機種ほど入手してみました。すでに完売品で、中古品になるのでドライブのくたびれもあると思い、今後もあるので2機種複数台入手しました。R1053608

TU-884の方は解体してみると

R1053615

こちらはポータブルCDプレーヤを分解

R1053619

両者のドライブを比較すると

R1053620

R1053638

開けてみると同じドライブのようで、ドライブを交換して正常動作をするようになりました。残りは予備ということになります。

« 産経学園上達ビデオ講座 | トップページ | アナログ・ディスカバリーでf特測定 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 産経学園上達ビデオ講座 | トップページ | アナログ・ディスカバリーでf特測定 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ