無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

ご挨拶DVDの発送

久しぶりになりますが、関西地区のユーザーさんにご挨拶のDVDを発送しました。

R1053660

2017年11月29日 (水)

6G-B8互換球8417を聴く

定時後のオーディオシリーズです。オークションで入手しました。

東芝の6G-B8は国産大型出力管として1960年代、中学生であった頃、名前は聴いてました。当時はまだ欧米の球はほとんど製作雑誌には出てきませんでした。6G-B8はそんな訳で王様級だったのですが。

後年、真空管が中国、東欧などで再生産されるようになっても6G-B8のような国産球は圏外でした。後年、8417が互換と知り、是非聴いてみたいと思ってましたがなかなか入手できませんでした。オークションで入手できましたので聴いてみることにしました。

R1053659

エレキットTU-8200はこんな時に便利なアンプで自動バイアス回路を搭載しています

ピン配置やスペックでも挿し替えができます。

R1053658

こちらが東芝の6G-B8、低域はこちらがゆったりと鳴ります。

ただ高域のシンバルやギターの艶では8417はまた違った音がします

R1053656

外観はかなり違いますね。

2017年11月28日 (火)

アナログディスカバリー~カバーを付ける

ケースとはとても言えませんが、10分工作でタッチや破損防止に作ってみました。

R1053655

ビートルズLPコレクション7~60年代あの頃の音を思う

発売日になっていて慌てて注文、届きました。

R1053649

amazonにはタイトル名がありませんが「マジカルミステリーツアー」です。

1967年の発売、せっかくの60年代のサウンドはということで、カートリッジはシュアーV-15もType2、デンオンのDL103、いずれも開発は1960年代。アンプは300Bのシングル、スピーカはフォステクスのFE-103(Sol)というシステムで聴いてみました。

R1053652

MAGICAL MYSTERY TOUR
マジカル・ミステリー・ツアー
THE FOOL ON THE HILL
フール・オン・ザ・ヒル
FLYING
フライング
BLUE JAY WAY
ブルー・ジェイ・ウェイ
YOUR MOTHER SHOULD KNOW
ユア・マザー・シュッド・ノウ
I AM THE WALRUS
アイ・アム・ザ・ウォルラス

HELLO GOODBYE
ハロー・グッドバイ
STRAWBERRY FIELDS FOREVER
ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
PENNY LANE
ペニー・レイン
BABY YOU’RE A RICH MAN
ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン
ALL YOU NEED IS LOVE
愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)

A面、B面の作品の違いはレコードというものに成り立っていて、ハロー・グッドバイはやはりB面1曲目の曲。

60年代と言ってもサウンドは進んでいました。ユア・マザー・シュッド・ノウのシンバルにフランジャー効果がかかっています。まだBBDのエフェクタが登場する前のことです。

1967年と言えば、自分は中学1年、もちろんシングル・ヒットしたハロー・グッドバイは大好きでした。当時はまだメーカー製のステレオ装置は持ってませんでした。3,4石でやっとトランジスタアンプが組めたころから次の段階。先日組んだ真空管アンプは6BM8 でしたが、そのヒーターが32V版の32A8のシングルアンプを組もうという頃です。はじめての真空管のステレオアンプでした。スピーカーはコーラルの16cmフルレンジでしたが背中に出力トランスを背負っていました。カートリッジはまだセラミック型でした。

R1053654

60年代を考えると300Bは個人輸入するかで、先輩方には米軍払い下げという話もどこかで聴く幻の球でした。シュアーのV15タイプ2は1969年の登場ですが、当時3万円以上もするカートリッジでとても手の出るものではありませんでした。かろうじてスピーカのFE103くらいだったでしょうか。そう考えると今、こうして今聴ける音は当時の夢のような音ですが、それも新品のレコードからなのですから不思議な感じもします。

2017年11月27日 (月)

入出力、歪率自動測定

昼間は最後に残った御挨拶関係の準備を行い、ご質問対応などで夕刻になりました。部材不足でここまで。定時後のオーディオプロジェクトは、最近作った管球アンプの測定を行うことにしました。

R1053647

入出力特性と歪率が1回の測定で行えるところなかなか優れています。

測定とグラフ表示、テンプレートの関係も判ってきました。

2017年11月26日 (日)

アナログ・ディスカバリーでf特測定

先日作った、低音用のチャンネルデバイダの特性を測ってみました。

R1053634_2

カットオフ周波数が連続可変できる様も良く解ります。こんな測定、グラフ化が簡単にできます。

グライコの効きも簡単に判ります。

R1053636

相当強力な味方です。

R1053637
まだまだいろいろな測定を効率化しそうです。

お休み中のプロジェクトはここまでですが

明日よりは楽器の方で使って行きたいと思います。

続きを読む "アナログ・ディスカバリーでf特測定" »

真空管CDプレーヤ エレキットTU-884の修理

何年前だったかオークションで入手したものですが、段々トラッキングが悪くなって再生が難しくなってきました。もう2年前2015年になると思いますがメーカーからCDドライブの提供・修理が終了したと情報があったと思います。それ以前でも交換ユニットは7000円とか。内部を開けると判るのですが、CDプレーヤののユニットを使っています・・・というかCDプレーヤの基板まで入った鉄の箱をCDプレーヤユニットしている訳です。そこで該当するCDプレーヤの正常なドライブに交換すれば・・・ということで情報をもとに2機種ほど入手してみました。すでに完売品で、中古品になるのでドライブのくたびれもあると思い、今後もあるので2機種複数台入手しました。R1053608

TU-884の方は解体してみると

R1053615

こちらはポータブルCDプレーヤを分解

R1053619

両者のドライブを比較すると

R1053620

R1053638

開けてみると同じドライブのようで、ドライブを交換して正常動作をするようになりました。残りは予備ということになります。

2017年11月25日 (土)

産経学園上達ビデオ講座

 第4土曜16時から吉祥寺で開催してます。今回は、ハードディスクのフォーマットと映像記録について、パソコンのフリーズ時の対応、ネット接続とソフトウェアの更新、具体的な作品作りでの構成方法などでした。

R1053089

2017年11月24日 (金)

通販スピーカーをボックスに入れる

秋月電子の通販で、安いスピーカユニットがあって購入しました。早速ですがボックスを作って鳴らしてみました。口径7.7cmで、箱も小型ですので、楽器用のように後面解放です。後面を覆ってみると中音まで濁った音になるので、このまま行くことにしました。

R1053623

平日、定時後のオーディオ製作でした。

アナログ・ディスカバリー導入

トラ技2015年4月号に掲載されていたUSBツールです。秋月電子の通販が届き、メーカーサイトからドライバー&アプリケーションなどダウンロード、最近BGM用に再活用をはじめたパソコンにインストールしました。校正の後、簡単なCRフィルターを測定してみました。簡単な操作で測定・グラフ表示でき楽器・オーディオで活用できそうです。

R1053622

2017年11月23日 (木)

部品整理

今日は1日お休みということで懸案事項であった部品の整理~機構パーツ篇ビス関係について行いました。

ホーザンのパーツ棚はすでに一杯となっており、100円ショップの小型のケースへの引っ越しをしながらです。引き出しに混合容態で数段あったところと、注文して入ってきたものを袋からそのまま使っていたものを整理となりました。お陰様で5段の引き出しのスペースができました。

R1053611

2017年11月22日 (水)

ケッズ接骨院吉祥寺

お世話になっているケッズさんに妻が作ったクリスマスのお飾りをプレゼントしました。

R1053085

受付に飾って頂いております。

陛下の井の頭公園ご訪問

R1053076

朝、母の通所を見送って、接骨院へ向かおうとしたら交差点に多数の警察関係者がいて皇室の方が通るか・・と妻と話していました。接骨院に着くと、ご存じの方がいて、11時10分に天皇皇后両陛下が井の頭公園に御到着とのこと。買い物をして11時に交差点を通ると交通規制で信号が両方赤で数分間ストップ。それも解除されてやっとマンションに到着。部屋から公園入り口を見ていると人垣が出来ていて、丁度の時間に数台の黒塗りの車が静々と入って行きました。11時半にはネットのニュースに上がり、12時のNHKニュースの皇室関係の中の映像として園内のご様子が使われていました。接骨院で聞いたとおり弁天橋からお茶の水にかけて散策されながらご覧になったようです。弁天橋からのお写真はたぶん上画像の文化園の中から望遠で撮影されたものではないでしょうか。お馴染みの七井橋ではなく、奥の弁天橋であったのも神田川の源泉の1つであるお茶の水をご覧になる順路と警備の都合もあったのでしょう。

ネットニュースの画像から見るとと日本庭園のところまで行ってお車を降り、弁天橋を渡って、お茶の水をご覧になったのでしょう。2日前に自分が見たお茶の水は組み上げを停止した渇水状態でした。お茶の水から振り向けば以下の画像のような景色をご覧になったと思います。

R1053080_4

 月曜にたまたま買い物帰りに寄って、奇麗になっていた園内の様子に、今になって納得した次第です。陛下にとっては初めての来園だったそうです。

2017年11月21日 (火)

吉祥寺駅前のツリー

母の眼の検査の付き添いで駅前ロータリーへ

Ktree13
以前より遠くから見えていましたが、近くでみるとどっしりとしています。

逆光で色に見にくいですが緑と赤。夜はどんな色に輝くのか・・・

2017年11月20日 (月)

井の頭公園の紅葉

100円ショップで材料調達、病院の紹介状を取った後、足を伸ばしました。

R1053078_2

時間も遅かったのでもう寒く、色も鮮やかさ控え目に見えました。

R1053064_2

場所にもよりますが、美しい紅葉が見られます。

2017年11月19日 (日)

真空管アンプ試聴

今月に入って組み立てたものですが、いよいよ試聴となりました。とりあえず火入れですので昔ラジオデパートで買った格安のSOVTEKの6BM8を使いました。R1053603

真空管のステレオアンプで入力はステレオのラインインとギターのモノラルインの別ミックスのある、カラオケアンプのような構成です。CDをかけながら、ギターを混ぜられるという訳です。このモノラルチャンネルは左右逆相にミックスに切り替えできますのでバランス出力のギターアンプとして働きます。

音の方ですが、オーディオアンプとしては6BM8の3結シングル・アンプで300BシングルアンプのエレキットTU-8300改(トランスをタンゴに換装)と比べても、思った以上に頑張っています。パワーは1Wちょっと×2と小さいですが良質です。

工房にある5組のスピーカを切り替えてみましたが、フルレンジ(FE-103など)との相性もよくふっくらした低音も魅力的です。小口径でもしっかりした力の低音が聞けます。6BM8の3結は久々ですがなかなか良く感じました。ギターでもなかなか良いです。

2017年11月18日 (土)

井の頭珈琲 東急百貨店

開店して1カ月になりますが、まだ知らずに来店する方も多いようです。

R1053059

八幡宮の帰りに寄りました。何か素人ぽい出来で出てきますが、味は悪くありません。

改装して間口が広がり、内装も変わってイメージもオープンな感じになり、

客入りも良いようです。

R1053060_2

ナポリタンも見かけよりは本格的なお味。昔ながらではありません。

珈琲は本格的なこくあるものでした。

お酉さま武蔵野八幡

二の酉ということ行ってきました。昨年は体調不良の母も今年はお参りに。

R1053055

R1053058_2

雨天が予想されるなか、辛うじて降らないという怪しい雲行きでした。

本殿の右横の大鳥神社にお参りしたしたあと、例年どおり仙台屋さんで熊手を買い、かついで吉祥寺の街へ。

R1053061

続きを読む "お酉さま武蔵野八幡" »

2017年11月17日 (金)

DV-7HDメンテナンス

ユーザーさんの御依頼でやってます。当方の機と合わせ3台並びました

R1053586

HDDのメンテ、Winの設定ならびに動作確認です。

2017年11月16日 (木)

DV-7研究会東京支部例会

渋谷トート音楽院で開催されました。今回は、プロジェクトデータ持ち込みで、編集相談もありました。

R1053053

研究会のホームページも出来、例会上映の作品も動画公開されるようになりました。

http://www.zazou-pop.com/dv7/tokyo/index.html

会の前半は近藤先生からホームページや、動画アップについての話がありました。

今回の作品上映は制作中の編集相談でしたが、タイムラインを見てのディスカションでしたので細かいところまで、意見が伯仲しました。

ホームページが出来たので、会の開催や活動が会員に対して判り易くなったとともに対外的にもオープンな状況になったと思います。

2017年11月15日 (水)

チェック治具の製作

急がば回れで、電源トランスまわり検討用に作ってみました。

R1053585

部品は廃品利用で、電源スイッチは高校時代のパワーセレクタのメインスイッチ、

ネオンランプは中学時代はじめて作った真空管アンプのもの。

こんな形で利用されることになるとは。

多くは実験用の電源でされることが多いのですが、組み込み用の電源の検討はこれまで実機でやることになっていました。トランスの検討や電源部の検討、特に今回のように真空管部と別にチェックをしたかったいということでまな板の上に組んでみました。

端子板式なので、トランスを交換して状態を確認できます。

2017年11月13日 (月)

真空管アンプキット組立

以前購入していた通販ショップ製のキットです。基板のみの完成品。指定電源トランスにOPアンプ向き巻き線が余っていたので回路を加えてみました。ギターアンプ向きの回路にするためです。

Img_9438

2017年11月12日 (日)

東急吉祥寺 井之頭珈琲

10月19日から開店したようで、知らないうちに小川珈琲が閉店していました。

R1053050

小川珈琲もクローバーから代わったお店だった訳ですが、店内はほぼ改装せず営業していました。今回は間口も広がり大きく雰囲気が変わりました。

2017年11月11日 (土)

サブ・ウーハー用フィルター

Img_9434

電源内蔵し、パネルを製作取りつけ試用中です。

出力は正相、逆相の2出力で、メインシステムとの位相合わ件、BTL化用の出力でもあります。

2017年11月10日 (金)

11月の新刊完成「2画面合成術」

R1053583

本日完成しまして、発送可能となりました。

ご注文お待ちしております。

2017年11月 9日 (木)

DV-7G/HD活用DVDの制作内容

以前出ていたDV-7DLのシリーズのガイドブックですが、

G/HDになってかなり機能がシンプルになったことと、

静止画系の処理が改良された新たな考え方となったため

単純に読み替えて、利用することは難しくなっていました。

今回そのあたりを研究し、行う方法を紹介しています。

編集を完了し、正味約50分となりました。内容を紹介しておきましょう。

R1053584

1.一部だけの色調整
2.マニュアルフォーカス
3. 一人二役
4. 裂ける文字*
5.モーション効果タイトル
6.複数カメラ編集の注意
7.音量を一定最大
8.声質を変える
9.音楽CD誤取込み対策

2画面合成を駆使した色調整・タイトル・編集そして大切な音声処理のコツまで豊富な内容です。

特に、動画キー合成機能を持たないDV-7Gでも実現するために苦労しました。

今月の月刊研究で動画紹介しています。

簡易テキストメモ付きです。

2017年11月 8日 (水)

月刊DV-7研究2017年11月号発送

先週より制作に入り、今月も新刊と同時制作をしておりました。休日も作業を進めたこともありましたが、発送前日の昨日に編集完了、マスター、デュプ盤面までを済ませました。本日は早朝より発送資料を作りプリントアウトし午前中に発送準備まで完了しました。

R1053562_2

今月号は先月お約束のQ&A、先月から始まった、ここを使おう、実力アップ、リクエストに加えアイデアコーナーを新設。ボリュームアップで約50分になりました。

新刊との同期制作のため、制作時間がやや押したところもあります。一方で新刊の作例なども掲載できたところはご覧になって判り易いところもあると思います。

到着までもうしばらくお待ちください。

繰り上がった半日分で新刊の制作をすすめました。

2017年11月 7日 (火)

新刊「2画面合成術」制作

先週概略骨格は出来たのですが、一部撮影素材が必要で収録待ちの部分もありました。そうしたところを除いても60分ほどになっており、再構成も必要と検討を始めました。

Dv7motion

前モデルのDLシリーズにあった機能をもとに作られた「2画面合成術」です。DV-7G・HD特にDV-7Gではキー合成もないので、かなり違った作り方も必要となりました。

当初思ったのと違ったところで、効果的な演出表現も見つかりました。あとは残った時間で冗長にならないようにまとめる編集が必要です。完成・発送日は10日予定です。

2017年11月 6日 (月)

サブウーハーのフィルター検討

 昼間の音量で鳴らしてみると効果が良く解りますが、聞く音量や音楽で加算レベルが違うこと、大音量となるとかなりのパワーが必要なことも判りました。

 小型のシステムの多い工房ではもともと低音が不足しているのでハイパスフィルターはいらず、逆にスピーカに合わせカットオフ周波数が連続可変できる点が有効であることが判りました。

R1053559

ただカットオフ周波数が少し上がると方向性が判り、かなり低い周波数にしないと違和感があるようです。グライコは1/3Octバンドで細かく調整出来ても良いのかとも思います。足りない低音は増強することになります。低音のボリューム感は必要ですが、歯切れの良さは失われ易いので、アンプのDFも適度でないといけないことが判ります。

新刊制作 新2画面合成術

DV-7DL時代に評判の良かったガイドブックでした。

R1053561

人気ガイド復活シリーズ第2段
2画面合成術
 2画面だけではない合成を使った術いろいろ
あのガイドブックの術をDV-7G/HDで再現、DVDで紹介します。

効果が大分減っているので、工夫のしどころです

2017年11月 5日 (日)

サブウーハーシステム用フィルター製作

片付けでサブウーハーボックスを作ったことで試作したフィルタはご紹介したように状態変数フィルタを利用したもので、カットオフは周波数は70Hz~数百Hzまで連続可変できるものになりました。使ったプリント基板は以前秋葉原で入手したものですが、付属のノッチフィルタ出力はいらないので、モノラル処理化のためにこれを左右加算アンプに改造しています。このキットの入手の現状は判りませんが、回路は標準的なものです。カットオフ周波数は可変式に変更しています。

R1053560

サブウーハーのBOXは十分大きなものではなく、バスレフのようなものですのでグライコで増強補正を行います。こちらも以前秋葉原で購入した8バンドモノラルのキットが手元にありました。中心周波数とQの設計をし直し、30Hzから1/2オクターブバンドで利用しています。回路では±12dBとなってますがこれを20dB 可変に変更しようとよく見たところ回路が間違っており、結局自分で設計した回路でパターン変更しました。キットのままでは減衰も十分しません。いつか使うと思ってとっておき、基板を利用して簡単にやろうと思ったところ検証するところとなりました。アンプは計測用で作ったモノラルアンプで音だし、夜も深まっていたので正式音だしは昼間になります。

 カットオフの連続可変も有効で、グライコの効果も十分なものようです。上部の250Hz、350HZはカットオフをそんなに高くはとらないので無効のようですが、12dBOctのフィルターを手助けして減衰を上げる方に使うということになります。

2017年11月 4日 (土)

ジオラマのライティングユニット開発改良

講座用ということがあるのでコストや作り易さも考え検討。黄色LEDは手持ちの5種から選びましたが、明るさ、色、透明/不透明、拡散とこれだけ違うものかと驚いた次第。

R1053554

ライティングするとこんな感じ。ジオラマはこれで講座のほぼ最終、コスト計算もしてみました。

R1053558

2017年11月 3日 (金)

月刊DV-7研究2017年11月号制作開始

R1053537

システムを整備しての制作の開始です。

企画、収録、粗編で現状50分弱となっています。

先月から始めた新コーナーも好評、引き続き頑張りましょう。

2017年11月 2日 (木)

アトリエAYAN吉祥寺の手作りミニクリスマス・ツリー

企画に協力しました、ジュエリー・ライトが綺麗です。

90分ほどで作って、飾ってはいかがでしょうか。

R1053549

体験レッスンのご予約こちらから

じゃらん

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000183072/activity_plan/?screenId=OUW3701

2017年11月 1日 (水)

月も改まり、いつものスタートです。PCのバックアップ、月刊・新刊の企画。そして年末をひかえ今年の課題のしまつ。机の下に4年ほど入っていたオープンデッキを処分するべくメンテ中です。思いのほかまともに動いているにはびっくりです。10インチで4Tr2ch9.5cm/Sがかかるのはこのデッキだけ。70年代、深夜FM番組をエアチェックしたのはこのデッキ・フォーマットだったので該当テープのアーカイブは何とかしないといけません。

R1053556

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ