無料ブログはココログ

« エレキット ポタアン新製品TU-HP03 発売 | トップページ | DV-7ビデオ研究会東京支部例会 »

2018年1月17日 (水)

ステレオフォニック オーム社 昭和45年刊

R1053869

手元に2冊あって、表紙がカバーふちが切れている(左)は後年入手したもの。当時のものはすぐにカバーがぼろぼろとなって失われてしまいましたが、後年入手のものの画像をレタッチしてみました。巻末を見ると11月3刷となっていて中学時代ではなく高一でこの本からオーディオが始まった・・と思っていたのは少し違っていたようです。そう思ったのも表紙が当時使っていたカートリッジのP社のPC-20であったこともあるのでしょうか。東芝の赤盤のLPをかけるこの写真そのものでした。1万円する当時P社最高級カットリッジでしたがプレーヤーPL-41Aに付属するもので、なしを選ぶとプレーヤーが5000円安くなるという選択でした。音は不満で、翌年安くて評判の良かったオーディオテクニカのAT-VM3に替えました。そこからオーディオの長い道のりがあったと思います。アナログ復活の最近のオーディオではこのステレオ・フォニックという本から学べるものも多いと思います。

« エレキット ポタアン新製品TU-HP03 発売 | トップページ | DV-7ビデオ研究会東京支部例会 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エレキット ポタアン新製品TU-HP03 発売 | トップページ | DV-7ビデオ研究会東京支部例会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ