無料ブログはココログ

« マルチエフェクタ試作その3 | トップページ | お年玉年賀はがきの交換 »

2018年7月14日 (土)

TU-8200電流計測ユニット資料作成

エフェクタの試作も進みましたので休日1日をかけて説明書を作成しました。

これまでやってきた計測ユニットの出力管の電流を監視する1メータータイプを作っていただくための部品セットです。 供給電圧も計測する2メータータイプではありませんのでご注意ください。反面高電圧は扱いませんので安心できるところはあると思います。

説明は簡単なものですが作業に役立つところを掲載しました。

T82e6

お申込みは2名様ですが、これを機会に資料をまとめておこうと思いました。

TU-8200から線材を引き出す場所、使うパネルメーターの設定方法、ユニットの内部の動作と組み方を解説しています。

今回ケースは付属していますが寸法は考え穴あけ加工してただく他、資料を参考にTU-8200との接続構造はそれぞれに考えていただくことになります。ただケースは樹脂製ですので加工性は良いと思います。TU-8200からどう線を引き出すか、別構造にするかなどはそれぞれの方で考えていただくことになります。

It829

説明書に使った元図や大きな画像はCD-ROMに収録しました。それでもディスクの空きが勿体ないので、出力管の差し替え真空管アンプの設計に使うこれまで蓄積したデータを約600MB分収録、このディスクをお付けすることにしました。

It8208

部品セットの価格は送料別で3500円となりました。

手持ち部品の関係で、すでにお申し込みのあった方へ提供させていただきます。なお加工や落とし込みが必要で、組み立てるだけのキットではありませんことご容赦ください。

« マルチエフェクタ試作その3 | トップページ | お年玉年賀はがきの交換 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルチエフェクタ試作その3 | トップページ | お年玉年賀はがきの交換 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ