無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

市の健康診査結果

4週間前にやった検診の結果を聞きに、クリニックへ。主治医の話では例年の結果とそう大きい違いもなく、また来年の検査となりました。

R1053789

8月も本日で終了。本年度最後の9月の月刊の制作に入りました。10月からの新規連載構成について紹介します。

2018年8月30日 (木)

エフェクター試作~インタフェース

R1054425

沢山やってきましたがいよいよ終盤も終盤。以前製作したシンセモジュールをコントロールするインターフェース。汎用は昨年、モジュラーシンセのユニットとして作りましたが、今回はギター用。エンベ、ピッチの他、直接PLLをかけてというところは以前からやりたかったところ。このあたりが昔特集を企画したところでリストアップして考えたのですが、当初20アイテムからどんどん増えて3年かかっていることには思うところがあります。8月も終わりますが、とりあえずこのあたりまでとしたいと思います。

2018年8月28日 (火)

大学の恩師の訃報

フェースブックのメッセージで後輩から連絡がありました。先生の歳は自分より7つ上で、在学時は直接授業の講義を受けることはなく、まだ他大学の研究室に通われながら、ゼミの担当をしていただいていました。そんな訳で先生というよりは先輩という感じが強い方でした。卒業研究指導ではなかなか鋭い質問もあって答えに困ったことを思い出します。自分が卒業し設計開発を希望して就職したところ製造部でしたので、自学をと思い学会に入るために相談、入会の推薦人になっていただきました。有休を取って行く学会でお会いしたものです。そんなこともあって転職した2つめの会社では設計職で、1週間に1度は会社の研究所へ通わせて貰えたのもそんな下地があったからと思います。恩師からは現役時代、たまにメールが来てメーカーではこんな時どうしているのと相変わらず鋭い質問もありました。恩師が退職されてからは年賀状でのやりとりしかなく、突然の訃報に驚きました。前日倒れそのままだったそうで、まだまだやり残されたことが多くあったのではないかと思います。今もいろいろやっていてゼミの指導であったような悪戯げな質問が頭をよぎるのはやはり恩師の何よりの影響です。

心より謹んでご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

R1053778

2018年8月27日 (月)

顕微鏡セットの修復

カタログを参考にここまで修復が出来ています。

Img_2249

すでに使ってしまったり、散逸してしまったパーツなどいろいろですが似た形状の容器を見つけラベルなどを作成、外観サンプルの試薬なども多いです。現行の用具の新品なども入手追加してみました。何分50年以上前の製品ですので情報も少ないですが、残された製品やネットから得られたカタログ情報から再現してみました。作業をしていると行方不明のパーツの微か記憶も蘇りますが発見までにいたらず、とりあえず代用品で置き換えています。

2018年8月26日 (日)

エフェクター試作~エキサイター

週末ですが、夏休みも終わりなので進めることにしました。

はじめて、このエフェクタの音を聴いたのは1980年の秋、最初に就職したオーディオメーカーにいた頃、個人的なつてで、ビクターの青山スタジオで開催された業界のレコーディングエンジニア向けのエフェクタ試聴会に参加させていただいたときのことでした。不思議と音に力がつく、前に出る、つぶだちが立つ、輪郭でなく・・・これまでいろいろ、ほとんどやってきましたががこのエフェクタは過去検討はしたものの今回やっと本腰を入れました。ということでフェイズ型、ハーモニック型の切り替え、知られている回路はOPアンプも多いのですが今回はデュアルタイプで2個半。ギター用のスタートでしたがオーディオを入れると楽しい。沢山やってきたエフェクタ&電子楽自作ですが残りは1つとなりました。

R1054403

プロセス部分は別基板として抜き差し交換ができるようにしました。CR定数も変更できるようにしましたが、だいたいこの定数で良さそうです。ステレオタイプにして音楽鑑賞用にしても楽しそう。トーンコントロールと違い音量感を変えることなくボーカルなどの粒立ちが変えられます。

2018年8月25日 (土)

実家の整理で~読書感想文で読んだ本

実家の物置を整理していたところ出てきました。

R1053771

ジャングルの動物たちは小学校3年の時、学校で販売したものです。外側はカラーですが中は単色で、題名から図鑑のようなものと思って購入したのですか、単色の絵物語で、版画のような粗いタッチの画、飽きて読まなかった記憶があります。ドリトル先生やプー横町も読んだはずです。

2018年8月24日 (金)

オーディオ本の整理処分

スペースの不足から処分をはじめました。1960年代~1970年代のオーディオブームの頃にはコンポーネントオーディオを中心に、単品・組み合わせのガイドが、ボーナスシーズンに発売されていました。「あなたのステレオ設計」「ステレオのすべて」などで、ステレオの別冊やレコード芸術・ステレオ芸術の別冊でした。

Img_1554

今読んでみると、当時の製品ラインナップやカタログの読み方、組み合わせのポイントを知ることができます。感ずるのは年代を経るにしたがって、実際に組み合わせた時の試聴など手の込んだものになり、またこれが減り、1980年へとももなるとフォーカスした製品紹介になるのは面白いところです。オーディオ趣味の充実・飽和を雑誌に見ることができるように思います。ほとんどは当時持っていたものではなく後年集まってきたものですが、結構高価であった当時・後年に比べると今は残念なくらい安価です。

アナログオーディオの情報なら当時の方が充実していますし、アイテムは当時のものが人気であるので、これらの雑誌も良いガイドになると思うのですが。

2018年8月23日 (木)

同期会~恩師の方々からの御返信

ご招待を6通出して、今週ご返事が3通返ってきました。皆さん残念ながらご欠席ということでしたがお元気にやられているようです。残り3通は来週頭にはご返事いただける予定です。参加される先生の人数が決まれば、予算を修正して、会費の確定となります。そうなれば参加予定の先生の名前、会費を入れた案内状の作成が出来、当日の全体の流れなど具体的な準備となります。最大の課題は名簿の整備です。

Img_2246

状況は、仲間の掲示板の方へ上げました。

2018年8月22日 (水)

オープンテープのアーカイブ

すでにオープンテープをだいぶ処分しましたが、また出てきました。デッキの方もすでに処分しましたが数年前に自分で直した4chデッキが動いてくれています。パソコン取り込みですが、これもDV-7で行ってます。日立の5号テープはじめて家で買ったテープレコーダのもので亡父の声が入ってました。大学時代の伊豆の合宿の時のものもありました。効果音のワーキングは再度取り直すのは難しいものも有り、アーカイブすることにしました。

R1054382

2018年8月21日 (火)

学研電子ブロック:シンセユニット・シミュレータ

EX-181に搭載されたシンセサイザをエミュレートするものです。復刻もされた定番モデルであったEX-150に31回路のシンセサイザ回路を追加したのがEX-181でした。残念ながら復刻はされませんでした。ただEX-150の本体ではアンプ部が利用されたもので周辺定数をブロック方式で構成、電子ブロック化されたものでした。今考えると電子ブロック発展と頂点に置くためにこうなったのでしょうが、電池まで背負っているのですから、アンプを組みにして単体製品にもなったのかもしれません。

シンセサイザと言っても効果音専門のこのユニット音づくりの勉強にもなるのですが残念ながら組んで鳴らしてで終わっているのは残念なところです。たぶん音が出た?似ている?で終わったものも多かったのではないでしょうか。回路の勉強と言っても専用ICですし、そこがブラックボックスですから。しかし説明書には内部回路、各音にも周辺回路が出ているのでブロック方式ではなく、実験検討のし易いブレッドボード方式としてみました。

掲載回路には間違いや不明なところもありましたがとりあえず1回路それらしい音も出ましたのでイミュレートのスタート点には立てたと思います。

R1054381

31回路すべてやって行きたいところですが8月も後半になってしまいましたのでとりあえず先に進むことにしましょう。

2018年8月20日 (月)

昔通った小学校の校門からの写真

長野県松本市で通った小学校は前の東京オリンピック開催の前の年1963年に統合廃校となり、今では田町小学校の名前も残っていません。自分は廃校前の1962年に東京の小学校に転校していて顛末も後から知った次第です。このあたりはホームページでも掲載していて資料などもあまり残っていないことは、統合された学校機関誌の近年の特集でもお問い合わせいただき知りました。たまたまオークションを見ていて終了の数分前に見つけ入手しました。

R1054380

昭和12年の卒業アルバム(写真を入れたアルバム形式)の巻頭にありました。自分が見た姿は25年後になるのですが、そう大きく変わっていない記憶があります。ホームページの方もご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page010.html

2018年8月19日 (日)

実家から持ち帰ったもの~鉱物標本100種

亡父が買ったものです。時代は1960年代中ごろでしょうか。いじったりするものではないのでそのまま押し入れに入っていたもので、さすがに外箱は経年劣化と転居などで傷んでいましたので補修しました。目録のは鉱石名と産地が書かれています。冒頭1番目から北朝鮮産とあり驚きますが、当時の日本鉱山から産出したもののようです。ざっとみると地味なのですが詳しくみると、玉髄、草入り水晶、碧玉、オパール、トパーズ、こはく、金鉱、ざくろ石・・宝石の原石もあります。ほこりを払うなど整備をしてオークションに出品しました。

Img_1971_2

紙類は変色はありますが、50年以上は経ているものとしては比較的奇麗だと思います。当時は学研の科学ふろくの鉱物標本セットなどの時代でしたが、こちらは学校の木箱に標本よりコンパクトです。

2018年8月18日 (土)

久々に家族で外食

このところ猛暑のためか家族の体調が今ひとつで、家で食べることが多かったのですが、土曜ということもあり久々に出かけました。

R1053753

暑いと自律神経系をやられることも多いですね。いっしょに食事となると家族でも食べるペースや、お店の雰囲気、慣れないメニューで喉に通り難い・・・なんてこともあったりします。そこでお馴染みのお店にしました。

2018年8月17日 (金)

最初の会社の暑気払い

恒例になっております。今回は40年ぶりの再会の同僚も交え、前回同様新宿のお店で行いました。落ち着いたお店で、4時間近くを過ごさせていただきました。今回初参加は同期入社でそして今でも最初の会社に勤めているということもあって初耳の情報も大変多くありました。同期入社の面々はみな頑張って定年や、リストラまでは会社に勤めたそうで感慨深いものがあります。

R1053749

40年ぶりの再会ながら当時それぞれの部署で苦労した仲間だけにあっという間に隔たれた時間を越えてしまうのは本当に不思議です。仕事も問題を感じ会社を変えたものと、取り組んだものもこうして時間を越えて出会ってみるとそれぞれに選択があって、人生があった・・・とくに定年退職して次の人生へ来ているこの時期には特にいろいろ感ずるには良い機会になったと思います。

本日は会に行く前と帰ってきてから、当時のことを思いホームページを更新しました。

2018年8月16日 (木)

実家から持ち帰ったもの~母の昔のアルバム

1971年発行ですが、母の女学校卒業は終戦の翌年の1946年、しかし戦後直後で卒業式はできず、25年後のこの年に行われました。自分は丁度高校生でした。

このアルバムの写真にもありますが、母の卒業前の1年は学校の授業はなく、工場への勤労動員だったそうです。母の友人には風船爆弾の製作を助けた方もあったようですが、母は海軍機のフロートの製造であったようです。水上飛行機を「ゲタ履き」と言っていたとも聞きます。それが増槽(補助タンク)になり、木製飛行機になっていったようです。母の証言からも南洋の前線から撤退、そして制空k権を失い、資材不足、そして本土決戦へと歩んで行くところが推察できます。終戦の8月15日はお盆で工場を休み祖母の実家の山へ歩いて行ってそこで玉音放送を聴いたそうです。その翌日から学校へ登校した記憶があるそうです。

R1053765

アルバムには郷里小田原の終戦日の空襲のことが出ています。自分も以前より聞いて知ってはいたのですが、15日だけでなく、13、14日もあったようです。どうも北関東の空襲の後、米軍機は静岡沖合に集合したようで、残った焼夷弾を小田原上空で捨てたという話もあります。終戦当日であったため記録もなく被災者の記憶もあいまいで後に調査がされたようですが、米軍には小田原空襲の記録はないとも聞きました。終戦の当日にも命を失った方がいた訳で、それが戦争と言ってしまえばそれまでですが。そうした体験を持つ親や戦後を育った同年代が今政治家のトップであったりする訳ですが、戦争を直接知る世代が少なくなり、その言葉を聞く機会も少なくなって行く状況だと思います。

2018年8月15日 (水)

実家から持ち帰ったもの修復篇~顕微鏡セット

Img_2124_2

顕微鏡のプレパラートを置く台は染色剤で染まっていて、家庭用のクリナーでも溶剤でも取れませんでしたが、模型用の2000番のコンパウンドで奇麗に取れるとともに塗装面も均一になって見かけも安定しました。

注文していた小型の瓶や試験管も届いたので入れると段々と感じが出てきました。昔から何が入るか判らなかったスペースはカタログを拡大してみるとオプション用のスペースのようで白い小箱が入っていたようです。

失われている解説書は英文で近年見かけ記憶もうっすらあります。当時の英語力では当然判るはずもないのですが、後年見た記憶でも内容についての覚えがないのです。どうもはこれら材料の使い方ではなく、科学的な読み物程度であったのではないかと思います。お盆休みということも有り、注文したパーツがバラバラと入ってきつつ、内部の掃除と何が入っていたかの調査が続いております。

調査・補修作業は推理小説かパズルを解くのごとくでオーバーながら考古学的検証にもなり暑い日々の中時間が過ぎて行きます。

別に昔の物に執着ある訳でもなく、今まで過ごしてきた中にはいろいろな選択や把握があって今日があるのですが、その中に自分には知らなかった当時理解できなかった何かもあって、今の知識や理解すると当時見過ごした大切な何かを読みとれるのではないか・・・そこから得られるヒントにはあらためてここまでの意味とこれからに活かされるものもあるかもしれないと思います。

2018年8月14日 (火)

実家から持ち帰りの品研究~顕微鏡セット

R1054374

 持ち帰ってみると足りないものが多く、先日の画像を見ても空きスペースばかりで何が入っていたのか・・・と思いつつバラバラになりそうな外箱をまず直しましたが、経年の変化で接着剤は効かなくなって剥がれたところを厳重に補修するところからはじめました。その固着するまでカタログを捜してみたところ、在りし日の姿が浮かんできました。

 試薬は使ってしまったものが多かったのでしょう。しかし瓶は残るはずでそれがないのはどうしたものなのか。ガラスの器具類は破損してしまったのでしょう。プレパラートの入った箱のデザインは思い出深く近年見かけた気もしてきました。そう思い出すと染色剤は別のところで見た気もします。こうしたパーツは別のところへ行くとそれなりの機能を果たしてしまい、当初の目的も所在も希薄となると改めて気付く訳で、それら周辺が見えない今日にどうしてそうなったのか・・・発掘されたところ別であるとまた違った考証がされるものです。

 完成型を見るとあらためて全体が見え、相当の発掘や捜査の必要性を感じつつ、明らかに破損したものは補修、無くなったものは代用や入手を考え、機能せずとも外観だけでも当時の姿を再現すべく、代わりそうなパーツを発注しました。

2018年8月13日 (月)

60年代 夏休みのドリルのなぞ

夏休みに行っているホームページの特集。疑問に思っていた夏休みのドリルの真相が、実家の片付けから判りました。

Natsuyasumi4

こちらは転校先(東京港区神応小学校)の1962年夏休みのドリル。9月1日から転校で初登校した自分はなぜ投稿前の夏休み中にやることになったのか・・・

実家の片付けをしていたところ父が転居前東京から送った手紙に休み前転校前の学校にドリルをたのみ終了日に受け取って松本に帰り・・・それが自分の手に届いたことが判りました。またこの時の引っ越しの経緯も。大家さんの引っ越しを待って日程が組まれたことなども書かれておりました。

R1054373

2018年8月12日 (日)

実家の整理と持ち帰り~夏休み篇

このところ毎週実家に帰って短時間ですが整理をしています。今回の持ち帰りは顕微鏡セット。簡単な清掃をしてみましたが200倍でセロテープの接着面がみえました。こちらも懐かしいですから修復して当時の様子を再現してみようと思います。

R1053741

2018年8月11日 (土)

吉祥寺東急百貨店 井の頭珈琲

どうもスペシャルのようですが夏野菜のトマトスパ。

R1053719

ナポリタンがこれに変わった様子です。奥はおなじみの五穀米のカレー。

2018年8月10日 (金)

DV7サポート

このところ1日2~4件のお問い合わせが来ております。前回までは問題なかったのだけれど・・・というお話が多いように思います。久々ご連絡いただいた方もおいでになります。皆さんサポートが終了しても引き続き活用されているようで安心しました。

R1053716

また、今後のDV-7研究についてのご質問もいただきました。来月号では1カ月先行して10月からの1年を紹介します。その準備に入りました。

2018年8月 9日 (木)

同期会情報のご連絡

まず、早くできるところでメールのご連絡をしました。数にすると70ほどになると思いますが不達や見ていない可能性も多いです。サーバーから返って来るものの中にはなりすましがあるようで、達しているものもあって簡単には削除できないことが判っています。

昨今迷惑メールが多いことから、アドレスをよく替える方もいますし、今はアドレスも簡単に作れるので、すでに登録アドレスは休眠となっていることもあるのかもしれません。

一方で苦労をお気づかいいただき返信してくださる方には本当に頭が下がります。

1timage1

2018年8月 8日 (水)

同期会~恩師への御案内

大枠が決まりましたので、先生方へのお知らせ・返信を作成しました。参加される先生の人数で予算が変わってきますので。これまで使ってきたフォーマットはありますが、今回用に修正をかけました。当時とちがい、はがきの値段も上がっています。台風ですので明日投函。今月中に集計します。明日はメールでの会員案内を進めます。

R1054372

2018年8月 7日 (火)

同期会会場打ち合わせ

4年ごとに開催している会ですが、電話での会場押さえのあと、参上しての最初の打ち合わせとなりました。

R1053710

ホテルの名前も東急インから東急REIホテルに変わり、価格体系も変わりましたが、会場の設備、ホテル側の準備や会の進行などを確認致しました。

R1053711

今回はこれまでに比べすべて3時間繰り上げての開催です。

何分、前回のご担当がそのまま担当していただけるので心強い。

名刺を拝見したらマネージャーになられていました。

これより準備に入って参りますので、小中学の同期の方よろしくお願いします。詳しくはホームページの掲示板のほうに掲載します。

2018年8月 6日 (月)

吉祥寺ワイヤードcafe 新メニュー

だいぶ前にメニューが変わったのですが、なぜか食べていなかったのですが。ナポリタンスパがなくたって、ライスメニューの「ナポリ飯」となっていたのがこれ。ナポリタンのライス版と思った以上に味は濃くなく、チキンライスを鳥のかわりスパムにしたという感じでスパイシー意外と美味しい。その存在は少し前からメニュー画では見ていましたが、こうしたものはオーダーしてみないと判らないものです。カリカリの目玉焼きに三つ葉をトッピングして爽やかな刺激。周囲を見ても頼んでいる人はあまりいないというメニューです。

R1053708_2

2018年8月 5日 (日)

メロンをいただきました

北海道富良野から美味しいメロンをいただきました。毎日まだかまだかと熟れるのを待つ日々が続き、予定日を過ぎ・・・1つ切ってみました。1つ目は半分姪一家にあげ、半分を妻、母、私でたっぷり頂き満腹となりました。

R1053715_2

2018年8月 4日 (土)

実家から持ち帰ったものの修理

ナカミチのDT-550ですが、片チャンネル出力がでません。サービスマニュアルはネットにありました。信号を追ってみるとヘッドアンプ出力は両チャンネルとも出ていました。ドルビー基板の途中で信号が途切れていることが判りました。

Img_1749

この基板の場所が中々深くて・・・

2018年8月 3日 (金)

DV-7テクニックDVD新刊制作

午前中は母の健康診査と通院の両方をうまくこなし、薬局でお薬も出てお昼となりました。午後から新刊編集の続きと確認、レンダリング、オーサリングと進めました。待ち時間の間にジャケット、盤面のデザインと付属のテキストを制作しました。

R1054354

明日には早い方月刊今月号が届くでしょうから、新刊のお問い合わせもあるかもしれません。生産は土曜ですが行うことにしましょう。6日早いリリースとなります。

今回は最近短くなってきた作品のオープニングをどうまとめるか。シリーズ化作品でのまとめかた、静止画を利用したタイトル、サンプル素材の利用法などで正味約50分になっております。

2018年8月 2日 (木)

DV-7サポートで訪問

月刊は昨晩頑張って発送までこぎ着き、午前は市の健康診査でなじみのクリニックに参りました。午後からはDV-7サポートで吉祥寺から中央線で3駅ほど先まで。

R1053700

この街は30年ほど前に2年ほど住んだことのあるところですが、駅周辺はほとんど面影もないほど変わっています。ご依頼の方のサポートは3年ぶりくらいになります。DV-7HDのリカバリーディスク・復旧ディスクの作成と長編編集でのテクニック、愛機の調子を見るなど3時間ほどの内容でした。お持ちの機の調子も言われるほど悪いものでもないように思いました。気になったのはマウスが無線でかつ操作が少し粗く感じたことで、同様のケースは以前にも見た記憶を思い出しました。

2018年8月 1日 (水)

DV-7関係制作

1日になりましたので制作を開始しましたが、サポートのお話もいただきました。同期会準備をはじめる時でもあるので本日一日で収録・編集・生産・発送準備までやることにしました。

Gekkan1808

夏休みQ&A特集です。結構盛り沢山な内容となりました。新刊も同時制作で収録・粗編集までテクニック8できりっと引き締まったオープニングの作り方です

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ