無料ブログはココログ

« 新刊「新テクニック2」リリース | トップページ | オープンテープ、VHSのアーカイブ »

2019年2月 8日 (金)

エレキットTU-8150 出力管動作切替考

先日5極管接続、UL接続、3極管接続の切替試聴をしました。
自分としてはUL接続が好ましく、3結は意外な結果でした。

歪成分を分析してみました。0.1Wではほとんど差がなく歪率変化の大きい1Wでは成分差が出ました。奇数次は変化がなく偶数次が変化していました。3結では2次、6次・・で減り、4次、8次では増えていました。増え方は3結が独自で、減り方ではULが中間的でした。

(特にキット付属冊子の説明とは異なるように思いますが、この測定はクリップ前のところです)

実際は0.1~1Wの中間もあって音楽ではダイナミックな変化があるので、音のアタック部分に歪変化が大きく出ることになります。これは前回のデータから3結の方がソフトディストーションで、5結の方が変化も急激ということになります。

少し気になるのはTU-8150の場合、スクリーングリッドに通常より大きな抵抗値が入っています(通例は100~150Ωで1桁小さい)

試聴であった低音に関してはダンピングファクターでこれも計測で知ることができます。

Image83

« 新刊「新テクニック2」リリース | トップページ | オープンテープ、VHSのアーカイブ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊「新テクニック2」リリース | トップページ | オープンテープ、VHSのアーカイブ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ