無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

先月製作したジオラマ作品展示と販売

HO鉄道模型メーカー株式会社カツミ直営店 有楽町店(有楽町ビル地下1階)にて。2019年8月1日~8月31日。

販売はHO(16番)スケールで幅40cmから90cmのもの4点。

Ktmimage13

単線橋梁を行く(1/80 横約80cm)

Ktmmage11

車両基地(1/80、横40cm)

このほかNゲージのレイアウト、本年の受賞作品など2点も展示(こちらは非売品)

詳細はメーカー販売店のサイトを

2019年7月30日 (火)

HOジオラマの製作

約3週間でしたが、小型から中型にもの4つを完成することができました。展示や販売については後日お知らせします。

R1054795

2019年7月29日 (月)

モモをいただきました

岡山から桃です。甘い良いにおいでいっぱいです。

R1054797

2019年7月28日 (日)

TMSレイアウトコンペ楯が来る

例年より早いと思います。受賞楯がきました。近々に作品を見ていただける機会ができそうです。準備ができましたらご紹介したいと思います。

Image10_20190730222001

 

2019年7月27日 (土)

吉祥寺産経学園上達ビデオ講座

R1054773

今月から新規入会の方はこれまで写真を長年されていた方。動画も始められましたが勝手が違うということで。早速、音声や映像表現についてたくさん質問がありました。先月に引き続き、スマホ動画を取り込んでの編集を行いました。

2019年7月26日 (金)

吉祥寺ランチ

R1054738

おなじみの花仙堂です。つめたいパスタはいくらとシラスです。母にプレミアムブレンドをごちそうしました。ほんじつのケーキ付もメニューに登場していました。

2019年7月25日 (木)

KATO のウォーターシステムを使う

そろそろ最終段階に入ってきましたので水面関係をまとめました。流し込みは先日のディープウォーター、表面はさざ波、大波小波で加工、白波カラーで彩色しました。一部、リアリステックウォーターを流し込み、静かな水面も表現しました。Nゲージでは体験済みの素材ですがHOになると迫力が出てきます。

R1059223

2019年7月24日 (水)

シーナリー素材

下草など表現では、各社からパウダーなどが発売されています。長年ウッドランド・シーニックス社(KATO扱い)のものを使っています。具体的には、ターフ、コースターフ、フォーリッジ・クラスターなどです。HO(16番)になると、ミニ・ネイチャーなどの素材を積極的に使えるところが面白いところです。

R1059216

2019年7月23日 (火)

メロンをいただきました

富良野メロンをいただきました。表示のほんじつ、切ってみたところ、丁度良い具合の食べごろでした。

R1054737

2019年7月22日 (月)

KATO 芝生の達人2

おなじみの・静電気の力で芝を立たせ、立体感のある草地が簡単に再現出来るというツール、植毛器です。やってみると結構コツが必要です。

R1059215

2019年7月21日 (日)

吉祥寺ランチ

R1054707

おなじみのア・ラ・カンパーニュのメニューがまた変わっていました。ケーキが有名なお店ですがお料理も注目です。

2019年7月20日 (土)

水表現素材 KATO ディープウォーター

津川の水の素に始まりいろいろ使ってきましたが。扱いは簡単ではありませんが今回はウォーターシステムの中から使ってみました。深度は1cmに満たないですが丁度半分の量でした。くっきり川底?まで見えます。暑い日でしたの24時間以内で固まりました。

R1059214

2019年7月19日 (金)

鉄道模型趣味 TMSレイアウトコンペ発表!

雑誌の発売日、本屋へ行かないと思っていたら、見本誌が送られてきました。本年は橋梁のある風景で準佳作賞を受賞しました。入選2名、佳作3名に次ぐ賞ですが上位者にはNゲージはいません。準佳作まで作品写真が掲載され、いずれも群を抜いた工作力・作品構成力で勉強になります。自分はと言うと参考におくった写真が掲載されていました。諸評には鉄道模型というより、より進んで撮影するための台・・・それは以前よりあるリアル再現指向の追及評価の結果のようにも思えます。自分は模型として好ましいものが好きです。

R1059211

2019年7月18日 (木)

父の命日で墓参

母の午前のデイサービスの関係お昼出発で、墓参後、遅い昼食というスケジュールとなりました。

R1054704

2019年7月17日 (水)

地形材料いろいろ

HOゲージではNゲージより長さで2倍となるので、当然レイアウト(ジオラマ)が重量化します。軽減できれば何かと便利です。スタイロフォームを使うとか、WS社のシェイパーシートなども便利です。定番はシナリープラスターでしょうか。軽量粘土ならクレイがのびもよく地形には便利です。KATO・WS社のアンダーコートアースは着色だけでなく地形の下地となりますが濃く塗ると白化した感じになります。

R1059137

情景用パウダー KATO ファインターフ 

KATOのカタログには出ていないので扱う販売店さんばかりではないようです。もともとはウッドランド・シーニックス社の製品です。草木用素材のターフのさらに細かいものです。今回は畑の黒土の再現に使ってみます。界面活性剤入りの「スーパーフィックス」はバラストなどでは効果的ですが、このファインターフになると滴下するやや丸くまります。HOゲージになるとより細かな表現ができるようになります。

R1059139

2019年7月15日 (月)

新水性カラー

R1059066

クレオスのアクリジョンです。乾燥時間の遅さや塗膜の弱さ、有機溶剤による臭いの問題を解決し、安全と塗装環境の改善を目指した、新世代のエマルジョン系水性塗料ということで導入しました。洗いの問題や材料の傷みでも助かりそうです。

 

2019年7月14日 (日)

会津バラスト~HO(16番)の場合

本物が使われている・・・ということで人気らしく、欠品の店も多いようです。自分もお1人様1個を買いました。粒の大きさでサイズがあります。MはHOには小さく、LサイズがHO向きのようです。個人的にはやや大ぶりのものが混じっている感じもするので選別することにしました。

R1058999

2019年7月13日 (土)

HOの線路事情

55年前、HOを始めた時は運転はカツミの金属レール、レイアウトは篠原のフレキシブルでした。それがNゲージになって関水金属からピコ製になりました。今HOゲージの再開で調べると金属レールはエンドウ、プラならKATO、フレキシブルはシノハラかピコ製のようです。しかしシノハラは廃業し入手が難しくなってしまいました。時々出て来る僅かな市場在庫やネットオークションなどです。ピコもありますが、シノハラは種類も多くデザインも違います。画像は左からピコ、シノハラ100番、同ローカル用です。

R1058937

2019年7月12日 (金)

ミッションモデルズペイント サビ色

線路を彩色するには暗めが良さそう。ちょっと値段は高いけれど、伸びは良く、色ノリが良いので塗り易い。ネットでたまたま知ったのですが、これは使わないと判らないところです。HOの線路はいつものNよりさすがに塗り易い。

R1058936

2019年7月11日 (木)

HO(16番)ゲージのストラクチャ

車両は金属、そしてプラ製ですが、建物関連のキットはレーザーカットの紙製くらいのようで、在庫・入手もあまりよくありませんが早速組んでみました。Nゲージに転向した50年前にはNゲージストラクチャ製品・キットは皆無で、HO(16番)の図面を0.53倍して自作したものでした。思い出すと当時のHO(16番)も自作が中心。今のNに製品キットが多い、それに慣れてしまったということなでしょう。

R1058875

 

2019年7月10日 (水)

スチロール・ホットカッター KATO

もともとはウッドランド社のもののようです。鉄道模型で地形に使うスタイロフォームを切ってくれます。実は最初は切れませんでした。本体スイッチが接触不良でしたが、押し方を加減したところ通電するようになりました。奇麗に切るにはコツがあります。

R1058864

2019年7月 9日 (火)

鉄道模型事情

例年なら、5月でとりあえずひと段落する鉄道模型ですが、HO(16番)の再開、でも本格的レイアウトや完全なる運転までは資金スペース気力まではありませんので当面中古車両整備をして情景としてのセクションどまりです。これは昔、Nゲージへ転向した頃と同じですが、これまで模型をやってきた経緯経験は生きると思ってます。でこのひと月ほど調査調達をしていましたが思うところが数々。鉄道用の塗料1つとっても入手性は思っている以上に良いとは感じません。色によっては長期欠品も多いようで。個人で在庫していても生ものですからどうか。最近は缶スプレーではなくブラシを使う人が多いのか。自分もコンプレッサー式を持ってますが掃除と調整が面倒でここぞという時でないと出て来ない現状も考え直さないといけないのかもしれません。

R1058859

2019年7月 8日 (月)

吉祥寺ランチ

お客様との食事は行きなれたお店で。アトレ吉祥寺のア・ラ・カンパーニュのメニューがまた新しくなっていました。

R1054698

パスタがこれまでの平打ち麺から生麺のスパに変わっていました。

 

2019年7月 7日 (日)

部屋のかたづけ

今年に入って一連の制作、今月に入って編集専用機の動画制作関係が続いていました。2週続けて、高校、小中学の集まりもあり、久々の掃除です。工房の煩雑な状況は解消していませんが、収納してあったレイアウトを出してみました。

R1058858

2019年7月 6日 (土)

七夕~小中学時代の懐かしい集まり

毎年やって、24回目となりました。今年は昨年秋の同期会の影響もあって参加や案内へのご返事近況も多かったです。昔やった遊びなど懐かしい話も多くあり盛り上がりました。そして介護や健康の話では実際の経験談も多く参考になりました。今回はいつもより1時間遅れの中締めとなり、いつもながら元気を沢山貰いました。

R1054691sf

2019年7月 5日 (金)

歯科点検、母との食事、月刊DV-7研究発送

R1058855

午前は3カ月ぶりの歯の点検で、こちらは日頃の歯磨きで問題なし。昼食は母を連れて「いしがまや」でハンバーグとプレミアムステーキ。夕方には月刊DV-7研究を発送しました。

2019年7月 4日 (木)

母の通院

朝8時40分、レモンキャブで大学病院に向かうと、入り口には短冊いっぱいの大きなな七夕飾り。検査予約は10時でしたが到着早々、脳血流の検査をやっていただきました。帰宅して午後は訪問ヘルパーがありました。2日前に奥歯が取れてしまってその応急処置には妻が同行、抜歯など本格的な処置が必要と判りました。

R1054677

2019年7月 3日 (水)

『現代思想』7月号・考現学特集

R1054676

『現代思想』7月号・考現学特集に「オーディオユニオン録音コンテスト」で入賞した自分のことを金子智太郎先生に書いていただきました。
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3308

入賞までや当時、そしてその後のことなど。インタビューやメールのやりとりを通して、あの頃が今の大切な通過点であったことを意識することになりました。

その中で当時入賞された他の方のことも大変興味深く読みませていただきました。

そのなかに出てくる作品はすべてこちらで聞くことができます。
https://tomotarokaneko.com/projects/aurc/

2019年7月 2日 (火)

2019年7月新刊の制作

R1058849

月刊制作と同期して行っています。最近、ディスク作成ソフトについての質問も目立ちますので、そのホローと機能を利用した総合的な制作について扱うことにしました。またHDMIキャプチャマシンの新たな活用による効率化についても扱います。粗編集で繋いだところ約65分ほどになっております。

2019年7月 1日 (月)

月刊DV-7研究2019年7月号制作開始

月末月初のバックアプなどを終え、母の通院やプロジェクトが並走しているので早めに制作スタートしました。スタジオ?収録、画面収録を済ませ、内容を繋いだところ66分となりました。この半年でシステムが変わって行くところでしから、その着実な準備なればと思います。

1907dv7

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ