無料ブログはココログ

« 情景用パウダー KATO ファインターフ  | トップページ | 父の命日で墓参 »

2019年7月17日 (水)

地形材料いろいろ

HOゲージではNゲージより長さで2倍となるので、当然レイアウト(ジオラマ)が重量化します。軽減できれば何かと便利です。スタイロフォームを使うとか、WS社のシェイパーシートなども便利です。定番はシナリープラスターでしょうか。軽量粘土ならクレイがのびもよく地形には便利です。KATO・WS社のアンダーコートアースは着色だけでなく地形の下地となりますが濃く塗ると白化した感じになります。

R1059137

« 情景用パウダー KATO ファインターフ  | トップページ | 父の命日で墓参 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 情景用パウダー KATO ファインターフ  | トップページ | 父の命日で墓参 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ