無料ブログはココログ

« 真空管ヘッドホンアンプ組立 | トップページ | ギターエフェクター自作活用術 »

2020年8月18日 (火)

TU-8150カバーの自作

出力管ベースの取り換え、出力管接続の切り替えにはそのたびにケースを開ける必要があり、上ケースを開けておくとゴミが入ったり、感電したり、美観も良くないというのがあります。さらに今回導入した接続切り替えプラグは上ケースに当たりますで専用カバーを作りました。

R1060498

« 真空管ヘッドホンアンプ組立 | トップページ | ギターエフェクター自作活用術 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真空管ヘッドホンアンプ組立 | トップページ | ギターエフェクター自作活用術 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ