無料ブログはココログ

« 懐かしのアンプ製作本 | トップページ | TU-8150カバーの自作 »

2020年8月17日 (月)

真空管ヘッドホンアンプ組立

オークションで買ったパーツ類の中にジャンクとして入ってました。回路図も品番なし、真空管はなかったのでパターンを追って6J5P(6AH6)当たりと検討をつけ購入2本で680円。電源はACアダプターで動作させたいのでヒーターの配線をつなぎ直しDC-DCコンバーター昇圧±電源としました。特価のモジュールは260円。前オーナーの未はんだ6点、カラーコードが読めなかったらしく2桁違う抵抗が6本有り、このままで動作は難しかったでしょう。音は真空管らしいふっくらした音ですが、ギターに艶が有り、シンバルやスネアが独特の音がします。

R1060497

« 懐かしのアンプ製作本 | トップページ | TU-8150カバーの自作 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしのアンプ製作本 | トップページ | TU-8150カバーの自作 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ