無料ブログはココログ

60年代研究

2017年10月26日 (木)

特別展「渋谷駅の形成と大山街道」でジオラマを展示

渋谷区郷土博物館で
平成29年10月28日(土)~平成30年1月21日(日)
私が製作しました渋谷ジオラマを展示していただくことになりました。
(この間、東急百貨店本店にはありません。)

期間も長くなりますので、

昨日、東急渋谷本店から移動、

本日、現地で展示状況の確認させていただきました。

R1053524

懐かしい渋谷駅の貴重な資料が紹介されます。

なお製作しました渋谷ジオラマの詳細はこちらをご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page046.html

2017年10月 9日 (月)

東京オリンピックの記録・記憶 レコード・ソノシート

ページ新設しました。手持ちのレコード・ソノシートのアウトラインですがまとめてみました。

Tko

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage41.html
http://mtomisan.my.coocan.jp/page041.html

2017年10月 7日 (土)

今井科学プラモ全集、60年代のプラモデルページ更新

資料本を入手しましたので、参考にして60年代のプラモデルのページを更新しました。

R1053488
自分の場合、プラモは1959年ころに始まり、1964年まではマルサンが多く以後は今井科学が多かった感じがします。表紙にあるキャラクターものとは直接縁がありませんでしたが、企画ものには乗せられたことが良く解る研究結果です。当時のプラモファンから言えば全然作っているほうではない(鉄道模型が趣味だったので、時間もお金もなかった)のですが、それでも思い出すとこんなにあるのか・・・という結果です。そしてプラモデルのいろいろなブームに見事に乗っていたことが判りました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage42.html

2017年9月30日 (土)

9月も終わり

9月で急に多くなったメディア関係からのお問い合わせ。

中でも昭和39年そして東京オリンピック関係です。

古い資料なども取り出して調べてみると今だからあらためて知るところもあります。

R1053437

2017年9月17日 (日)

60年代のプラモデルページ更新

懐かしいプラモデルのページを以前から作成していましたが更新公開しました。

Pra600

60年代の遊びのページにあった疑問を、調べまとめてみました。

丁度あの頃はブームの先駆けのような時期でしたが、しっかりメーカーの宣伝に乗って、夢を広げたためか、今調べるといろいろなものが見つかります。

全部ではありませんが当時または後継になるものが見つかったものもあります。

また組立て説明書を持っていたものが見つかったりラッキーなものもありました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage42.html

2017年8月20日 (日)

60年代 夏休み研究から~うたのおじさん

1961年の少年マガジンの表4広告、夏休みの時期を見るとキングレコードです。その中に「うたのおじさん」が。うたのおばさんには当時から馴染みがありました。安西愛子、松田トシですがラジオの番組名でもあったんですね。この1961年にはそのテレビ版の「うたのえほん」は知ってましたが、すでに小学校に入学していた自分はやはりラジオ番組を聞いていたのでしょう。そして「うたのおじさん」ですが1961年にはもう興味がテレビになっていたので当時の番組を知りません。しかし友竹正則さんは知ってます。「みんなのうた」でも。「パパのバイオリン」「チムチムチェリー」「はさみとぎ」「粉ひきおじさん」「春が呼んでる」・・・なんとこの頭4曲は杉並児童合唱団との共演です。杉児と言えば、先月OBのコンサートを聞いたばかりでした。友竹さんの太くりりしい声と元気な杉児の歌唱は良いコンビだったのでしょう。

Utanoojisan

このように当時を今一度振り返ってみると、きづかなかったいろいろに触れることができる・・・それが時間旅行で、単に懐かしいというだけでは終わらないと言うことでしょう。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page174.html

Utanoozisanimage39

2017年8月19日 (土)

1960年代夏休み特集サイト更新

お子さんたちの夏休みも終盤、気になる宿題の行方、いつの時代も変わらないのでしょうか。

近年入手した雑誌を資料にお送りしております。

Sm19610827
60年代の宿題対策

http://mtomisan.my.coocan.jp/page089.html

自由研究に関しては学習誌、学年誌さながらのまじめな取り組みであることが

逆に何か新鮮に感じます。これもこの時期から巻き起る漫画などへの教育的反発を警戒したものだったのかもしれません。

60年代の夏休み雑誌

http://mtomisan.my.coocan.jp/page174.html

大好きであった、巻頭図解の形成は1961年の8月で、年末には巻頭カラー+2色を使った特集図解になるということが判りました。

休日の更新となりますが、朝食前は執筆見直し、午前はDV-7のご挨拶10名作成、夕方の雷雨での発送、その合間のサイト修正でした。

2017年8月13日 (日)

1960年代の夏の宿題対策

自由研究の国語編からサイトで展開。参考は少年マガジンの1961年夏発売号です。

Shyukudai

当時、これを読んで宿題対応はしてませんでしたが、いまさらながら、懐かしくも参考になったりするところも有り、楽しいものです。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page089.html

2017年8月12日 (土)

懐かしい60年代の夏休み

サイトを更新しました。1961年夏の少年マガジンの記事です。

Syom196108201

http://mtomisan.my.coocan.jp/page174.html

2017年7月24日 (月)

るんるんさんから作品展の資料届く

みんなのうた友達のるんるんさんからお住まいの地域で開催された個展で発表された作品の数々を掲載した資料をいただいた。

R1052831

書、イラスト、写真、詞と、よくお1人でここまで思うくらい、多才です。中には小・中学校の校歌として採用されたものまで。

実物を展示した個展はもちろん、個展の経緯、この資料を拝見しても伝わってくるものがあります、

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ