無料ブログはココログ

60年代回顧

2017年10月14日 (土)

久々の高校のクラス会

3年ぶりでしょうか。新宿で開催でした。

R1053019

何十年ぶりということで関西から出てきた級友もいて。
あの頃を語り、人生を語り、夜はふけて行くのであります。

1人新しいメンバーが増えると、これまで出なかった話題も出てきます。

1970年~1974年、机を並べた仲間たちです。

2017年10月12日 (木)

ミニジオラマ検討

懐かしい景色を作るという主旨で、少し違った視点で先月末からこのところ考えています。

R1053503

 再び来る東京オリンピックで、いま前のオリンピックのあった昭和39年がまた注目されています。そんな昔を思い起こすものになればと思います。単に形として作るだけでなく、当時のいろいろを偲べるものになればと考えています。

 今月のDV-7関係制作の一連の作業がひと段落して課題であったところが始められました。しかし月刊DV-7がユーザー読者の届いたことや偶然が重なってお問い合わせ対応1日数件もありました。新しい年度の月刊の新コーナーの反応も有り、好評のようでひとまず安心したところです。

2017年9月27日 (水)

「ひよっこ」、60年代の時代 そして気になる「恋のうた」

NHKの朝ドラがいよいよ最終週

・・・ビートルズ、ミニスカートと話題豊富にドラマは過ぎてきましたが、ファッションや時代の雰囲気が当時を意識したもの。当時を知るものでも懐かしいを越え、当時を体感するようなセットや時代背景、音楽など楽しい時間でした。

R1053433

 あらためて、そうあの頃は・・・と思ったり、あまり意識していなかった事も思い起こさせてくれたことに感謝の番組、さてその行方は・・・

ところで終盤になってよくかかる太田裕美の「恋のうた」がフランソワアルディの「さよならを教えて」に似ている・・・実はすでにネットで話題になっていたようです。このアルディの曲1968年の曲でいかにも・・・と思いがちですが、日本リリースは1973年、木ノ内みどりが1974年のアルバムに入れていたりするのですが、それ以前1972年の3月に発売された美岐陽子のシングル「涙が微笑みにかわるまで」のほうが早く日本語化されFMなどから流れていました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page140.html

http://mtomisan.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-58d4.html

そのあたりのふしぎです。

2017年9月 6日 (水)

渋谷の記憶 写真で見る今昔

渋谷ジオラマを博物館の特別展にお貸出しすることになり、その打ち合わせに関係の方々が来訪されました。その時にいただいたものです。

R1052911

表紙は渋谷ジオラマの中でも見られる風景で、ジオラマの設定である昭和39年より前のもの、まだ整然とした感じで、東急文化会館が出来た翌年の昭和32年のものです。

打ち合わせではいろいろお話が出ましたが、展示について詳細が決まりましたらブログでも掲載致します。

2017年9月 2日 (土)

懐かしい高校時代の集まり

もう40年以上前のこと、総武中央線で通学していた友人たち、1年に1回夏場ですが、思い出の大久保・新大久保に集まります。

さて今回は2次会にあの頃の資料を持参しました。

R1052907
入学案内、修学旅行で行った北海道のしおりや歌集、学園祭・体育祭のしおり・・・

資料を見るとあの頃のいろいろな話が出てきます。近年実家の物置から出てきたものです。

自分たちは帰路が近くであった訳ですが、皆「帰宅組」であったことになります。

高校に入って、クラブに入ろうと思ってましたが、担任が入学の利履歴書を見たらしく、実績から図書委員を押しつけられ、その実績で結局3年やらされて、クラブには入らずじまいでした。図書委員には当番や月であったか季節であったか書架の整理がありました。しかしそれも自分の好きな電気系の雑誌を読んだり、その払い下げにあずかったりで悪いことばかりではなかった思い出もあります。文化祭の資料を見るとクラブの活動はまりぱっとせず、受験校、当時は都立・県立のすべり止め校として有名(やたらと入試倍率が高いが実際は、入学金の納入時期との関係で辞退者も多く)で案の定入学して見ると公立受験者失敗者ばかりでした。大学受験をめざす予備校のような学校・・・確かにそうだったのですが、今思うと受験とは関係ない本、小説を沢山読んでいたりしました。

仲間と帰り道の電車で話したのは音楽やオーディオの話でした。そのあたりは今につながっていることを感じます。

ビートルズが解散した当時で、これからどうなるのだろう・・・そんな時期であったと思います。

大久保の駅周辺のお店もずいぶん変わったように思います。変わらないのは教会や神社、そして交番と言ったところでしょうか。

持参した資料の間からは後夜祭のチケットが出てきましたが、学校名の覧があり、自分用ではなく招待用のものだったようです。当時中学から同じ高校へは友人が何人も行っており、招待の必要はなかったのでしょう。学園祭は委員会の展示があって、会場にはりつきで、あまり他を見た記憶もありません。学園祭は丁度都立校のそれと重なっており、朝出席を取ると早速他校に見学に行っている友人たちを見ると羨ましく思ったものです。

ここに集まった友人には今でも会社で現役、現役相当であったりする、他の集まりでは珍しい者が半数もいたりで、話も相変わらず仕事と人生の話であったりします。そのあたりが他の集まりと少し違うところです。大抵は定年延長と言っても現役とは違う生活を送っている訳ですから。それだけに退職組にも、仕事とは何であったか、何であるかと言った話が出てきたりする、他にない集まりです。

2017年7月23日 (日)

Amore(杉並児童合唱団OBOG)大人コンサート2017

夫婦でご招待いただき武蔵小金井まで。アモーレは来年で結成10年、NHK「みんなのうた」でお馴染みの杉並児童合唱団の元団員で構成されています。シュトラウス、くるみ割り人形、昭和歌謡メドレーそしてポピュラー曲の数々。フィナーレのラプソディーインブルーは大曲ですが、アモーレJr.(メンバーのお子さん)との共演で、大人・子供の声のハーモニーは特別に綺麗で驚きました。コンサート全般を通して歌う楽しさが伝わってくる演奏会、それはみんなのうたの常連合唱団の中でも楽しく歌っていた杉児に流れる伝統的なものなのかもしれません。

R1052828

R1052829

アンコールはマイウェイ。杉児では定番曲なのだそうですね。

みんなのうたのファンの耳知識で恐縮ですが、杉児はみんなのうたを40曲ちかくデビューさせています。最近のみんなのうたの発表ピッチから言えば、大変なことであることがおわかりいただけると思います。それも、みんなのうたが始まって4年目、突然登場してきます。それまでN児、西六の2つの合唱団がほとんどでした。兄弟番組の歌はともだち、歌のメリーゴーラウンドにも出演しました。ですから、みんなのうたの人気曲、地球を7回判まわれ、グリーングリーン、はさみとぎ、チムチムチェリーなどは杉児の歌で紹介されたもので、僕ら世代には杉児の歌として馴染み深いものなのです。

素晴らしい日曜の午後を過ごさせていただきました。

2017年7月12日 (水)

貰った電話と情報の距離

R1052478

高校時代のクラスメイトから電話を貰いました。懐かしいホームページも見てくれたようです。最新の名簿を見たところ不明で住所登録がなく、10年前にクラス会の手伝いで自分が出したはがきからで、本人は以後住所が変わって名簿不明となったようです。彼からはずっと一定の距離にあったんですね。

2017年7月 8日 (土)

懐かしい集まり

小中学時代、50年前の仲間、七夕であつまる会、21回目。

今年は13人でしたがその分、内容の濃い話も多かったと思います。

Tanabata1967mm

同級生は、掲示板の鮮明な画像をご覧ください。

親の介護、年金、孫や子供、そして、いきがいの話

参考になるところも多かった・・・

いままで聞いてはいたけれどという話も

今回聞いてというところや

懐かしい三鷹の話もいろいろ。良い会だったと思います。

丁度多忙期で十分な準備もできず申し訳なく思います。

2017年7月 7日 (金)

本日は七夕~明日は懐かしい集まり

この時期、小中学時代の仲間と集まっていますが、毎年開催して20年を越えたところです。集まってみると次々といろいろな再会がありました。

織姫星、ベガは地球から25光年離れているそうですから、僕らが今みているベガの光は、まだ僕らが再会する前の光ということなんですね。

さて、明日はいったいどんな集まりになるんでしょうか。

今年は中学に入学して50年、あの時ベガに向かった光が帰って来る年ということになります。

R1052709_2

2017年5月28日 (日)

七夕会開催案内

小中学の旧友とやっている会ですが。本日案内をメールで出しました。

R1052602

最近、退職やメール環境の変化で不達が大変多いので苦労します。

「残念ですが先約がありますので・・・」という返事はこちらも残念で、今年は早々決めて掲示板に発表しましたが、諸般の事情で開催日を変更、最終的に決まった本日一斉メールしました。

今日不達で戻って来たメールは20通にもなり、一部に以前からのもあるのですが、それでも届いていると言われてしまうと簡単に削除できなかったりします。

昨年からの履歴を追ったりで結局半日、調査修正をやっていました。

もう21年、22回目になるこの会ですが、沢山の再会そして別れを作ってくれました。

始めたころは卒業以来25年ぶりの再会であったのですが、最近でも40年ぶり以上の再会があったりします。

「あの人に会いたい・・・」のリクエストがあって苦労して探して、来て貰ったということも何回もありました。

そして、もうそれから何年も立っている感じがします。

再会して交友がまた復活した方々もいるでしょう。

消息がわかって、そしてまた判らなくなった友もいます。

皆時間の流れの中で前に進んで行く中、どこかで交差して出会い、

そしてまたその先に進んで行くのでしょう。

そこには、ただ時という風が吹いているだけなのかもしれません。

幹事ということもあって当然なのでしょうが、出会いの楽しみで21回休むことなく参加させて貰ってます。

1年に1回、懐かし時間がやってきます。今年はいったいどんな人が来て、どんな話が出てどんな会になるのでしょうか。人間の和は不思議なもので同じ回はないのです。

続きを読む "七夕会開催案内" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ