無料ブログはココログ

60年代回顧

2017年5月 3日 (水)

西六郷少年少女合唱団2017定期演奏会

勝どきの第一生命ホールで開催されたので参りました。

確か3度目くらいになりますが・・・あらためてとても奇麗な声の出せる合唱団です。

生の音とホールの音、優しい音は合唱の美しさを再認識させてくれました。

これは、コンプレッサーなど入れた作られた音楽に慣らされてしまった耳には新鮮なものです。

ホール中ほどの席でしたがさ行の音がやさしく揃って届くのです。音の柔らかさを大切にした歌唱なのです。

聴きたかったのは60年代のみんなのうたでしたが、サプライズは第一幕の終わりに(あえて曲名は書きません、ステージでも曲名は言いません・・・でしたので)ありました。

この曲をデビューさせた、当時NHKでこの曲の番組制作をされた志村建世さんが隣に座られていて、西六の歌唱を聴かせていただくのですから。「これは特別なプレゼントだね」と志村さんがぽつんとおっしゃいましたが、この曲を55年前小学2年でみんなのうたの放送で聴いていた自分にはまず予想することも出来ない瞬間でした。

R1052545

2部の後半は耳馴染みのある日本のフォーク歌謡曲で、2曲のアンコールのあと、あのピアノのイントロが聞こえると、観客みなが納得の終演でした。

コンサートの後は久々にお会いした志村さんとNHKでみんなのうたを制作されていたころのお話を、楽曲ごとにお聴きしました。1年半の制作で担当された1曲、1曲のお話には初めて聞くことばかりで、ファンにはまさに至宝の時間でした。

2017年4月29日 (土)

勝田祥子先生のパッチワーク展

GW初日、中学時代の恩師の勝田先生からご案内で昭島まで参りました。

R1052515

2017年4月18日 (火)

エヂソン・バンド

健脳器。60年代少年雑誌の広告で見た・・実物が妻の実家から出てきました・・頭をクールダウンする・・知ってますか?

R1052443

断然怪しい・・グッズです。どうも昭和初期頃からあるらしく・・・

 とても使いこなせそうもなく、オークション出品してますのでご利用の方がありましたら

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d227348638

 不思議グッズはすでにホームページで特集してました

http://mtomisan.my.coocan.jp/page085.html

2017年3月 7日 (火)

妻の恩師をいっしょに訪問

 妻の小学校時代、担任の先生から貰った年賀状が出て来て、調べたところ近くにいらっしゃることが解り、訪問しました。

R1052157

50年近くぶりで先生もご高齢、さすがに覚えていないご様子でした。先生のお話もお聞きしましたが妻がお世話になった頃ではなくどうもそれ以前のことのようでしたでした。

「海ゆかば」を作曲した方が先生の歌詞に曲を付けてくれ、幼稚園の園歌ができた話。そしてある小学校で6年生と作った歌詞にやはり曲をつけてくれて小学校の校歌になった話。両方とも先生は歌を歌ってくださいました。

 帰宅して先生からお聞きした話からネット検索してみました。作曲者はすぐ解り、確かに校歌なども1000曲は作曲されているとありました。2つ目の話は学校が解り、学校のサイトの校歌の由来にまさにこの話があって、校歌も掲載されていてその名前時期から先生のお父様の話である事が解りました。幼稚園の園歌は掲載されていませんでしたが、その幼稚園の沿革からこの小学校が移転した後に幼稚園が作られその創設者は先生のお父様であることが解りおそらく先生が学生時代に作詞されたのかもしれません。

 あらためてネットのあちこちには個人の記憶をつなぐ色々が残っていることもあることを知りましたが、一方で消えて行く記録もあって、個人の記憶を伝えて行く意味を感じた訪問でもありました。

続きを読む "妻の恩師をいっしょに訪問" »

2017年2月 5日 (日)

下高井戸の思い出

小学生であった50年ほど前、下高井戸にあった京西文化学園に通って、テストを受けたことを思い出しました。もうすでに無くなっていますが、世田谷線の線路の具合は変わっていないようで、昔の風景がそのまま蘇ってきます。

R1052207

病院の先の駐車場あたりがそうだったでしょうか。狭い入口を入って行くとコの字型に2階建ての校舎があったよう記憶が残っています、入り口は三角柱型の看板があったような。吉祥寺からは井の頭線・京王線か、新宿行きのバスか、友人父親の車か、いろいろあった感じがします。テストが終わると成績が送られてきて、順位の名前が並んでいる。中学に行って友達になった友人の名前が出ていたことに後年気付きました。結局、中学受験はせず何だったのか。昔、駅の近くの肉屋でカレーコロッケを売っていて珍しく、友人たちと買って帰りのバスで食べたことを担任にばれ厳しく怒られた・・・駅近くにはそんな肉屋さすがにもうないようです。

2017年2月 2日 (木)

藤村俊二さん逝く

1966~70年頃「ビートポップス」という番組で振付けをされていた記憶があり、ミリアムマケバのパタパタをスタジオで踊っていた・・「ビートポップス」は土曜午後フジTVの大橋巨泉さん司会の音楽番組(星加ルミ子さん、湯川れい子さんも出演)、当時中学生であった自分は帰って楽しみに見ていました。牛も知ってるカウシルズの『雨に消えた初恋』を知っている方は番組を見ていた方かもしれません。後の藤村さんの活躍を皆さまご承知のとおりですが、スタジオであの不思議なステップ:かなり難しいそう・・で踊っていた藤村さんの姿が忘れられません。丁度、当時はビートルズやストーンズ、モンキーズや70年代へかけてのポップスも盛んな頃(日本ではGSブーム~後)、10代の感性の中に残っております。合掌

Patapata7

60年代懐かしの洋楽ポップス

http://mtomisan.my.coocan.jp/page039.html

2017年1月26日 (木)

冬休み研究

60年代初め、長野県松本での冬休みは「正月休み」と「寒中休み」の2つがありました。長野県学校は休みが少ない・・僕らの頃は長い冬休みのために夏休みが短いと思っていました。

Huyumage4

そんなところを含め更新しました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage38.html

2016年11月28日 (月)

妻の実家の整理

家の解体の日が近づき、いろいろなものがやってきて整理が始まっています。

R0049854

義弟が昔遊んだゲーム類

R0049853

義父が大切にしていた、レーザーカラオケやデッキ。

いずれもチェック、メンテしてあげると使えるものが結構ありました。

ビデオカメラ、スチルカメラ、ラジカセ、ラジオ、テレコ・・とチェックが続きます。

2016年11月24日 (木)

60年代の雪の日の写真

今では日々いろいろな瞬間が静止画・動画になっているのですが、子供の頃、60年代で写真を撮る瞬間は、家族によほど写真好きがいなければ1年にそう何回もなかった・・・特に旅行でもなければ、1本のフィルム(24枚、36枚)でいったいどれだけの期間を記録したか・・・

雪国や降雪が当たり前の地域ではぴんと来ないのでしょうが、東京であれば雪が降ったと言えば特別の日で、特に大雪(まあ15cmもあれば)で撮った写真が残っていたりします。

R1051992

これは東京三鷹、アルバムには1967年2月とあります。

気象庁の1967年のデータで見ると2月11日、12日と降雪日になっていて

17cm、21cmの積雪があった記録があります。2月11日は前年の昭和41年に制定され祝日でしたが、丁度土曜で、学校で雪が降った覚えがないところに一致します。これは翌日12日曜日に撮ったものなのでしょうか。

もう1枚、こちらは長野県松本市、1961年の冬だとする3/27、気象庁のデータベースから20cmの積雪があったことが解ります。1962年の1月2日には11cmの積雪がありましたが、この時、自分は風邪をひいて熱を出していたことが冬休みのドリルに記録があり、さすがに雪遊びはできません。

R1051993

1960年以前は、気象庁の積雪データ表記がないので解りませんが、写真をとったら年月日くらい残しておけばと思う次第です。

写真はありませんが東京では1968年の2月15日から16日かけて大雪がありました。この時は学校からの帰宅時に降られ、バス通り沿いを歩って帰った記憶があります。調べると2月15日は木曜で、塾を休んだ記憶と一致します。

2016年10月16日 (日)

西六郷鎌田記念合唱団演奏会

NHKみんなのうた「熱中スタジアム」で出演したメンバーと杉並児童合唱団OGの方と昼食、そのまま演奏会を鑑賞しました。西六郷少年合唱団のOBやOGで作る合唱団ですので、第一部のおなじみナンバーもありましたが、第2部の混声合唱、合唱名曲集の響きはとても綺麗でした。特に「心の瞳」は素晴らしく、あらためてこの合唱団が出来こうして活動の意味も深々と感ずるところとなりました。

原稿の修正で忙しい時間の合間の本日でしたが、演奏会前にしたみんなのうた愛好メンバーの情報交換は大変有意義なものでした。

R1051802

下丸子に来るには尾山台にある大学に通っていた頃以来ですので、40年ぶり?

R1051799

駅前にありました、大田区民プラザ

R1051798
こちら会場でした。

素晴らしい歌声を聴かせていただいた合唱団の皆さんに感謝です。

プログラムも大変工夫されていて、歌の美しさも生きていましたね。あっと言う間の2時間でした。終わってみると一部のすきもなくよく考えられた、合唱の魅力が磨き出されている・・・感心しました。幼少の時期から合唱で育って、熟年になっても合唱をやりたいという方々には基本から楽しみまで充実していて、聴く者を魅了してくれます。選曲も聴く側も考えていて、合唱の素晴らしさをいろいろ見せてくれるものでした。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ