無料ブログはココログ

鉄道模型

2024年4月15日 (月)

今年の作品

すでに進めているものもいくつかあるのですが、いつも問題となる時間、場所、そしてコスト、そのあたりの解決になるものということで、テーマは以前からやりたかったところを凝縮させることにしました。まず本日は車両から。

R1080243

2023年12月14日 (木)

レイアウトの修復

15年前に作ったゲージの1/450Tゲージの ジオラマでレイアウトコンペでも賞をいただきましたが、発展改変で残った部分が線路を外して残っていました。片付かないので手を入れて、処分することにしました。プロジェクトの合間に工作し2週間、どうにか形になりました。

Img_5711

2023年11月12日 (日)

TMSレイアウトコンペ2023の表彰縦などが届く

本年の作品の受賞です。4年ほど前から表彰状もつくようになりましたが、小さなプレートも頂きました。昔は上位入賞で大きなプレートがありましたが。作品に取り付けても良いのでしょう。この大きさなら無理なく付けることができます。昔の受賞に比べれば小さな賞ですが、最近の工作レベル・作品レベルの高さを考えると、また製作の苦労も、こうして表彰していただけることの大きさをあらためて感じます。

R1070500

2023年10月11日 (水)

思いつくことは突然に。

全く別のプロジェクトのアイデアが突然湧くことがあります。それも今他にやらなければならないという時に決まって。もちろん全然頭になかった訳ではなく、どこか引っかかっていたということでしょう。レイアウトジオラマはもう50個ほどを作ってきたのですが、ほかにまだ未着手のものもあります。それはそれなりの理由があります。技術は時間をかけて克服出来ても、スペースの問題はなかなかうまく行きません。どうしてもスペースに入れるということが起こりそれが障害になります。まだ形にしたいものが4,5テーマありますが、そのうち2つは思いつきでなんとかなりそうな気持が本日おこり、そうなると当たりを見たく材料を少し発注してみました。今週近々でやらなければいけないプロジェクトがあるのですが。

Zimage17

 

2023年9月 7日 (木)

KATOのEF55の発売

EF55は子供の頃、それも大変幼い頃見た絵本に出てきた電気機関車です。東海道線の先頭で走っていた頃は幼くさすがに覚えていません。Nゲージ模型では1980年代ワールド工芸が動力など何度も変えてキットを発売、宮沢模型の完成品もありました。2000年代に入ってアリイが完成品を出し、2009年にその改良型を出しました。この機関車の製品化の難しさは走行性を確保して形状をまとめる難しさがありました。ここに来て1960年代からNゲージ模型をやっている老舗のカトーで製品化されたことは意味のあることで、モデラーの夢の結実でもあると思います。後ろがワールド工芸のキット組立てたもの、ワールド製動力の後期品。本は1960年代半ば誠文堂新光社「機関車ガイドブック」当時から所有。母のショートステイでつかの間、半年ぶり自宅朝食の時間が戻りました。

R1070160

2023年8月18日 (金)

月刊「鉄道模型趣味2023年9月号」

掲載見本誌が到着しました。2023年コンペは先月号で発表で、今月は作品写真での掲載です。今回のコンペ、Zゲージではもう1名の方、上位の佳作をとられています。1回のコンペではZゲージが入賞することはまずないので、今年は珍しい年なのかもしれません。先月作品掲載のHO(16番)と比較する長さで約1/3、面積で1/8、体積では1/20になります。20枚以上応募した写真の中からどれが選ばれて掲載されるのか・・・それも楽しみにいつも感じます。

R1069847 R1069848

2023年8月14日 (月)

「想い出の街から」サイトの更新

先日、懐かしい仲間とのリモート・ミーティングで紹介した内容をもとに修正追加しました。また雑誌では未掲載のコンペ出品した写真も加えています。

思い出の街から ガード下の街 (coocan.jp)

Omoideimage3

2023年8月12日 (土)

懐かしい仲間のビデオ通話会議

2020年8月に始まりましたのでまる3年、まぼ毎月開催で33回目の今回は私の担当で現在掲載発売中の作品「想い出の街から」のエピソードについてお話、ご質問を受けました。再現した場所の補足や撮影に使ったカメラなどについて。未掲載写真や、また掲載していただいたご意見感想についても紹介しました。

Kai230812image1b

2023年8月 9日 (水)

想い出の街から、月刊「鉄道模型趣味」2023年8月号

3年前のコンペ作品の掲載ですが、HO(正確には16番)での製作で特に写真撮影に力を入れたことがあります。模型の場合、どうしても被写界深度からボケが大量に出てしまいます。それを抑えるために絞りを絞って(F=22~)、その分スローシャッターを切る(1/4~数秒)それでも構図からボケが出てしまい模型ぽい写真になってしまいます。右側の写真は建築や商品写真で使うシフトレンズを使い、いわゆる「あおり撮影」をしてボケを回避しています。左下は同一カットで遠近ピントを合わせて撮った2枚の写真をグラフィックソフトで手動でレタッチ合成しています。

R1069940

 

2023年8月 8日 (火)

想い出の街から、月刊「鉄道模型趣味」2023年8月号

今月号掲載でそろそろ書店の店頭からも消えている‥という時期だと思いますので誌面の一部を紹介します。50年ぶりのHO作品ですが、これも4年前にカツミ模型さんからHOジオラマのご依頼を受けて9台ほど作って納品し、その時得た技術経験で作り上げたものです。掲載は8頁。写真もコンペ出品の自分撮影、これだけ拡大されて掲載されるのは初めてです。
366274667_5961866057247264_4441477703707

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ