無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2014年5月 2日 (金)

CQ出版60周年

記念品が送られてきました。

R0037885

CQ出版と言えば、アマチュア無線の「CQ」という雑誌、電子技術誌の「トランジスタ技術」、コンピューター関係では「インターフェース」、最近では工作雑誌の「エレキジャック」などで有名ですが。

R0037884

手回しで発電できるようです。

R0037902

私と同じ1954年生まれとは。

過去雑誌記事を書きましたが知りませんでした。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page043.html

http://mtomisan.my.coocan.jp/page017.html

http://mtomisan.my.coocan.jp/page059.html

http://mtomisan.my.coocan.jp/page141.html

2012年12月20日 (木)

久々の本屋

本当にいそがしく、本屋に行く時間もなかったのですが

R0032000


本日久々に秋葉原の本屋に参りました。

こちらのミニタリーコーナーに小島肇さんのハジメビジョンブランドのDVDのコーナーができています。(店内なので写真なし)

そのほか専門の模型やオーディーオのコーナーも見ましたが収穫がいろいろありました。

2012年7月30日 (月)

懐かしい集まり続編

会で会った高校時代の旧友O君とは大学4年の時に一般誌を出版社でオーディオ関係の編集取材ページ作りの仕事を2人グループでやってました。

R0030471


今回懐かしい集まりにその時の雑誌を持参しました。

彼の企画や文章と、自分がテクニカルやイラストラフ、取材をいっしょにやり、最終はアンカー担当の嘱託の方がまとめてくれましたが、半年ながら楽しい仕事だったと思います。

R0030472

デザイナーもカメラマンもプロの方々でしたから、実地で勉強させて頂くことがほとんどで、台割から進行管理、取材交渉、メーカー販売店の協力依頼、作業の発注や編集・印刷の知識いろいろを吸収しました。結局はアルバイトなのですが、デスクさんの名刺を持っての取材は学生であることなど言えるはずもなく、いつも真剣勝負ではあった訳です。けっしてお金のあるページではなかったので出演は自分や知り合いたちでやっていたので、今見ると誌面にその形跡が残っていて良い思い出です。

R0030473

ということで持参しましたが、あのころの懐かしい話が出てきました。編集部には僕らの知った方々が当然ではいりする訳で、そんな刺激もありましたね。

R0030474

持参した号では、この10年ほどお仕事をいっしょにさせて頂く映画作家の大林宣彦さんがCM出身の新進気鋭の監督として紹介されています。丁度映画「ハウス」を撮られた頃ですね。

2010年12月16日 (木)

トランジスタ技術 555号!

コント55号じゃないですよ。555号。ということは・・・創刊は何年?

R0021862

自分が最初にこの雑誌を書いたのは社会人3年生の1981年。それから20年、いろいろな記事を書いたけれど。

この10年書いていないに、掲載誌が送られてくるなんて?

R0021863

どうもこのCD-ROMに収録されているようです。

2010年7月28日 (水)

創刊 歴史でめぐる鉄道全路線大手私鉄

いよいよ待ちに待った私鉄編登場。01号は特別定価390円はお買い得です。

R0020580

クロニクルでは懐かしい写真とあわせ小田急線の歴史。

R0020581

車両では「ロマンスカーの系譜」、今走る車両カタログ、名車の系譜、譲渡車など。

R0020582

隔週で大手16社を20冊でカバーする企画。次号近鉄などは2冊構成、1冊580円。

R0020583 

Book 週刊歴史でめぐる鉄道全路線大手私鉄 NO.1 (週刊朝日百科)

販売元:朝日新聞出版
発売日:2010/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年2月11日 (木)

月刊「トランジスタ技術」に掲載

10年以上、昔に書いた、回路の解説ですが掲載されました。
この雑誌を書き始めたのは1980年。

R0019609

電子技術者でこの雑誌にお世話になった方は多いはずです。

2009年12月11日 (金)

科学と学習が休刊に

「グループが発刊しております1946年(昭和21年)創刊の『学習』は“「できる」よろこびと深く学びとるチカラを”をコンセプトに、1957年(昭和32年)創刊の『科学』は・・・

違いますね、科学の雑誌の名前は昭和38年から。皆さんの知っているふろく中心の形態の雑誌としても。つまらないことかもしれないけれど、実はこんなことも、企業内に大切なものが伝わらなくなってしまう原因なのかも。身内の本当の流れや苦労をしらないとやはりこうなってしまうのかも知れないと危惧する訳です。

良い良いというのは簡単だけど先人たちの本当のことを理解しならなくても言えてしまう。しかしそれでは大切なものが後へはつながらない。

我々が惜しむこともやさしいかもしれない。しかし、今、科学や学習が残したものをもう一度考えるとともに、今の子供たちに何が必要なのかを考えるべきなのは、G社自身なのではないだろうか。それがこの会社の答えなのだと自分は思う。

創刊当時の科学のふろくの研究です。↓

http://mtomisan.my.coocan.jp/page194.html

http://goodold60net.web.infoseek.co.jp//60data001/htm_fils/mail/bangai01.htm

2009年10月31日 (土)

明治大学 東京国際マンガ図書館公開

明治大学 東京国際マンガ図書館公開

米沢嘉博記念図書館が本日オープンしました。
ある報道を聞いて、これは大変な資料がある・・・と思った訳です。
マンガ、雑誌はある時期までほとんど残されてこなかったところもあって
今回、公開された故・米沢嘉博氏蔵書には国会図書館にもないものが多数あると報道されていました。

1960年代に思い入れのある自分は早速検索をして、はやる気持ちでこの図書館のことを調べました。
学生意外は有料で、閲覧などもすべて1冊あたりの有償、しかしこれまでどれだけ時間がかかったのか・・・
を考えると会員などになって閲覧して・・・具体的な活動を描きました
無知な小生は米沢氏のことを存知あげなく、本日の報道でその道の研究の大家と知った訳です。

すでにホームページには蔵書の検索がありためしに
検索をかけました。
当然、「少年サンデー」「1962年-1963年」と「少年マガジン」「1962年-1963年」
の検索です。

結果は前者が5冊、後者2冊・・・・

1961-1966年の学年誌、1961-1966の主要少年月刊誌についてはいずれも0でした。

ホームページをごらん頂ければお分かり頂けるように
小生の蔵書のほうがずっと多く・・・

今一度、自分の報道の聞き方の甘さと、世間の常識「凄い」というところの一般性を思い知った訳です。

大きな期待は簡単にやぶれてしまいましたが、これまでの苦労はそれなりのものであったと言うことであった訳です。

やはりこれまで同様、地道調べ探すということのようです。

ということで60年代のマンガや雑誌についてごらんください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月28日 (水)

小学五年生、小学六年生休刊

少子化と長期不況で子供向けの雑誌が低迷している・・・とのこと、雑誌、活字離れはどこでも共通したところだけれど。
小学館創業の1922年に創刊ということで「ドラえもん」など人気のマンガもあって黄金期1973年で「五年生」が約63万部、
「六年生」が約46万部まで伸びたけれど最近は6万~7万部程度になったらしい・・・。(これも公表数だけれど)
「小学校高学年は趣味の多角化が進み・・これは今に始まったことではないと思います。
自分が小学生であった40年以上前、小学館の小学●年生を購読していました。

R0018708
しかし記憶をたどると購読は小学2年までで、小学3年は縁日で買う少年サンデーやマガジンの古本。
小学4年からは学研の科学と学習でしたので、小学五年生、小学六年生という雑誌とは縁がありませんでした。
当時もおそらく高学年になっても小学館のこれらの本を読んでいる友人は近くにはいなかったと思います。

1966年の夏、小学6年のとき、昔住んでいた松本の友達の家に行ったとき、
小学6年生を見せてもらったくらいで、マンガも多く、学研の本との違いに驚いたものです。

先日、姪が「小学三年生」の特派員として、ギザミミピカチュウの声優をやった中川翔子さんをインタービューしました。
進級して小学四年生はあるものの、それで終わりとはきっと悲しいのではないでしょうか。
上級生ともなると、生活も嗜好も変わるので編集・企画も難しいのでしょう。

ところで学研の「学習」と「科学」は、79年5月号の620万部をピークに、現在の部数は「10分の1以下」らしく、
「科学」は月刊を続けているけれど、「学習」は季刊となっているらしいです。

小学○年生を含む、懐かしい60年代の雑誌はホームページで扱っております。
http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月12日 (月)

週刊マンガ日本史 創刊

またもや週刊もの。検索でよく間違いが判るので、今回は朝日新聞出版。歴史と言っても人にフォーカス50人。この人選は学習指導要領にしたがっているとのこと。最新学説も紹介されるらしい。問題の1960年代に及ぶか・・・は、戦後のマッカーサーまでこれ50号で最終号。監修は世界一受けたい授業で知られる河合氏。マンガの執筆陣が自慢らしいが・・・自分世代では里中満智子さんくらい?

やはり思い出されるのは「マンガ日本の歴史」、石ノ森 章太郎氏の力作である。

さて、3連休も+介護の日々ですが、ほんの少しのホームページのネタしこみと、周囲のかたづけでした。

朝日ジュニアシリーズ週刊マンガ日本史 2009年10月25日号 [雑誌] 朝日ジュニアシリーズ週刊マンガ日本史 2009年10月25日号 [雑誌]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

週刊マンガ日本史増刊 2009年11月号 日本史人物カードホルダー [雑誌] 週刊マンガ日本史増刊 2009年11月号 日本史人物カードホルダー [雑誌]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ