無料ブログはココログ

音楽

2017年11月28日 (火)

ビートルズLPコレクション7~60年代あの頃の音を思う

発売日になっていて慌てて注文、届きました。

R1053649

amazonにはタイトル名がありませんが「マジカルミステリーツアー」です。

1967年の発売、せっかくの60年代のサウンドはということで、カートリッジはシュアーV-15もType2、デンオンのDL103、いずれも開発は1960年代。アンプは300Bのシングル、スピーカはフォステクスのFE-103(Sol)というシステムで聴いてみました。

R1053652

MAGICAL MYSTERY TOUR
マジカル・ミステリー・ツアー
THE FOOL ON THE HILL
フール・オン・ザ・ヒル
FLYING
フライング
BLUE JAY WAY
ブルー・ジェイ・ウェイ
YOUR MOTHER SHOULD KNOW
ユア・マザー・シュッド・ノウ
I AM THE WALRUS
アイ・アム・ザ・ウォルラス

HELLO GOODBYE
ハロー・グッドバイ
STRAWBERRY FIELDS FOREVER
ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
PENNY LANE
ペニー・レイン
BABY YOU’RE A RICH MAN
ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン
ALL YOU NEED IS LOVE
愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)

A面、B面の作品の違いはレコードというものに成り立っていて、ハロー・グッドバイはやはりB面1曲目の曲。

60年代と言ってもサウンドは進んでいました。ユア・マザー・シュッド・ノウのシンバルにフランジャー効果がかかっています。まだBBDのエフェクタが登場する前のことです。

1967年と言えば、自分は中学1年、もちろんシングル・ヒットしたハロー・グッドバイは大好きでした。当時はまだメーカー製のステレオ装置は持ってませんでした。3,4石でやっとトランジスタアンプが組めたころから次の段階。先日組んだ真空管アンプは6BM8 でしたが、そのヒーターが32V版の32A8のシングルアンプを組もうという頃です。はじめての真空管のステレオアンプでした。スピーカーはコーラルの16cmフルレンジでしたが背中に出力トランスを背負っていました。カートリッジはまだセラミック型でした。

R1053654

60年代を考えると300Bは個人輸入するかで、先輩方には米軍払い下げという話もどこかで聴く幻の球でした。シュアーのV15タイプ2は1969年の登場ですが、当時3万円以上もするカートリッジでとても手の出るものではありませんでした。かろうじてスピーカのFE103くらいだったでしょうか。そう考えると今、こうして今聴ける音は当時の夢のような音ですが、それも新品のレコードからなのですから不思議な感じもします。

2017年8月29日 (火)

ビートルズLPコレクション

予約してあったので、発売日に届きました。

アルバム「アビーロード」が発売されたのは1969年の秋、中学3年でした。

ずっとCDでも聴いてましたが、Here Comes the Sun はやはりB面1曲目の曲

アナログ盤は冒頭Come Togetherからどうどうとした低音、

50年近くたってアナログ盤のおニューを聴けるとは。それも重量盤。

僕ら世代は、ビートルズをリアルタイムで聴いていたことを思い出す訳で、思い出の中の日々に音楽も融け込んでいます。

R1053345

2017年7月 6日 (木)

ひこうき雲

追い込みに入り、息抜きに出て来たレコードを久々にかけてみました。

聞きなれているはずですが、あらためてアナログ盤を聞いてみると忘れていた印象が蘇ってきます。

R1053266

おなじみのユーミンのファーストアルバムです。当時とはカートリッジも、アンプも違うこともあり音の印象は新鮮だったりします。

2016年10月19日 (水)

みんなのうたページの更新

おなじみるんるんさんレポートを掲載しました。

4

るんるんさん鑑賞記ありがとうございました。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page176.html

2015年12月 2日 (水)

懐かしいフォークグループの時代

実家から持ち帰ったオープンテープのほとんどはリーダーテープの接着が悪く再生すると切れてしまう状況でしたが、たった1本何か所もつないでいながら切れないテープがありました。1975年頃のものですが、大学の学園祭で番組もどき(当時のDJ)をやっていて、その1コマ用に作ったテープでフォークグループ取材をインサートしたものでした。グループは「十字路」(その前はじゅうじろ)で、FM東京のステレオ歌謡バラエティーのパーソナリティをやっていたひのきしんじさんがプロデュースをしていたグループだったので、当時よく曲がかかったりしていました。今検索をかけると曲やグループメンバーの消息をたずねる書き込みなどもあります。

R0049047

この番組用の取材テープは新宿ルイードでのライブの幕間で収録したもので、背景にゲスト出演したひのきさんの声が聞こえています。当時大学生であった自分が本来そんな取材ができるはずもないのですが、メンバーの一人、ギター担当のKさんとは家族ぐるみの友人であったためこんなことが出来たものです。実はそのギター担当Kの妹さんの友人が私の妻であったりします。

Jujiro2

2015年11月19日 (木)

ゴッドスペル 宮本亜門

宮本亜門が高校生時代演劇部で初演した伝説のミュージカル。実家を物置を片づけていたらその時のパンフレットが出てきました。

R1050377

これがその時のもの。あのとき見て、玉川学園高等部3年の宮本君は確かに高校生ばなれしていました。日付は1975年12月20,21日となっていて、記憶では見たのは20日だった感じがします。

R1050379

当時大学生であった自分は玉川大学の近隣に住んでいて、この演劇部に所属してゴッドスペルに出演した高校生の家庭教師をしていたこともあって、招待されたのでした。

自分のことですので、その録音を買って出て、カセットでしたがナカミチのDT-550、SONYのコンデンサマイクを収録しました。演劇部員用に10本ほどコピーした記憶があります。

R1050378

ウィキぺディアによれば、校長に上演を進言したようですが、パンフレットにはそのような記載はなく、ふりつけの筆頭に名前を並べています。演劇部門の顧問のあいさつには「私達がゴッドスペルをとりあげようとした時、手元には英語で書いた一冊の楽譜があるだけだった」と書かれています。

R1050380

実家のかたづけでは他にも大切なものがいろいろ出てきました。

2015年10月 2日 (金)

みんなのうたページ更新

毎月やっております。「10月に歌いたいみんなうた」

Minnnaimage8

皆さんはこの季節にどんな曲を歌っていましたか?また歌いたいですか?

そんなことを考えていると、懐かしい昔、あの頃の10月を思い出すから不思議です。

こちらからどうぞ

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage30.html

2015年9月25日 (金)

オリジナルカラオケ発掘

オリジナルカラオケが人気だそうです。ファンにはよく知られており、自分のホームページにも以前から掲載していますが、FM東京に「サウンドインナウ」という番組があってそこで本物のカラオケをかけていました。このコーナーが始まったのは1971年4月なのでまだ「カラオケ」ということば一般には認知されない時期でもありました。もともと当時この番組を聴いていたこともあって、オリジナルカラオケのエアチェックは1971年の8月頃から始めています。実家の物置から1本出てきました。あべ静江「水色の手紙」、天地真理「若葉のささやき」、麻丘めぐみ「私の彼は左きき」、南沙織「色づく街」などが収録されているの1973年ころ、自分としては5本目くらいのオリジナルカラオケ集でしょうか。このカラオケのだいご味はオリジナル歌手の声も入っていることで、実際このテープでも麻丘めぐみの曲では1コーラス目のほんの一部にハモリ用に本人の歌唱が入っています。直したオープンデッキも快調で、当時高音質で録っておいたことが本当に幸いしています。

R1048945

貴重録音見つかる・長谷川きよし・南沙織

先月実家の物置を掃除していて見つけたテープを持ちかえりました。

R1048926

昨年自力で直したオープンデッキ。数か月ぶりでしたが、ちゃんと動きました。

R1048927

1本目は長谷川きよしがFM東京に出演して生演奏歌った荒井由実「ひこうき雲」

ファーストアルバムで頑張って欲しい的なこと長谷川きよしが言った記憶があったけれど・・・しっかりカットされてました。たぶん1974年ではないかと。残念ながら日付が書いていない・・・FMは確かにF帯域が狭いけれど、音がしっかりしているからびっくり、40年前にエアチェックしたもの・・・とは思えない生々しさ。収録ではなく生だったところかも。

R0048928

こちらももっと古く1971年と1972年。NHKFMでスタジオで南沙織が生で歌ったもの。

アレンジもレコードと全然違い、歌唱もいかにもスタジオで、ライブで歌いましたという感じ。

間に新人賞を取った云々の初々しいインタビューも残ってました。

オープンテープって凄い、っていのもあるし、録った番組も良かった・・・40年たってますからタイムカプセルという感じ。

退職1年たって、フェーズも変わっていよいよこれからが本番。いろいろを掘り返し答えを出して行きましょう。

2015年2月14日 (土)

みんなのうたページ更新

ホームページを更新しました。いつものようにるんるんさんに執筆していただきました。

Mininae3

「みんなのうた」ページの新設ではこれが最後です。

1960年代のみんなのうた研究としてはじめたのがこのページです。

1961年4月の放送開始をこのホームページをオープンした2006年4月に合わせ、放送と同じように2カ月に1度追加更新して、60年代の終わる1969年は年度の終わる1970年の2月3月が今回の追加更新となりました。

Mininge4

長いようで、あっと言う間でした。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page030.html

今後はその後見つかった資料・データでこれまでのページを更新して参ります。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ