無料ブログはココログ

60年代研究

2020年10月 7日 (水)

1960年代 みんなのうた研究

訳あって、小中学時代の音楽の教科書(1961~1969年)を引っ張り出しました。1961年に始まったNHKみんなのうたと教科書の関係は・・・小学2年・・・0曲:しかし表紙裏にガリ版刷りのトロイカの歌詞が貼られてました。小学6年は7曲、中学3年は13曲!・・小6の時は「みんなのうた」が掲載されていると・・・当時鮮明に思いましたが、中3ではそんな強く感じませんでした。おそらくみんなのうたで放送した曲は定着していて、教科書での掲載はそんなに特別の事と感じなかったのかもしれません。

R1060595

2020年9月10日 (木)

懐かしの「夏休みの友」 昭和30年代の内容を振り返る

小学館のサイトに協力、掲載されました。週刊「ポスト」のネットニュースでもある「NEWSセブンポスト」のライフのページ。自前の当時の学習帳を提供させていただきました。転校したおかげで1962年は長野版と東京版が手元にありますが長野版が目にとまったようで詳細はこちら

自分サイトでも夏休みの学習帳の研究を掲載しています

Photo_20200910162401

2020年8月31日 (月)

夏休みの宿題

8月も終わり、ぎりぎりです。

更新しました。本日入手した学研の学習と科学、1963年の小学3年版です。

比較的最近になって、1964年の小学4年だけでなく、どうも1963年の小学3年も読んでいたことが分かってきました。

Ntimage59

こちらが更新ページです。

 

2020年8月11日 (火)

ホームページ夏休み特集~サンデーラジオ教室

1962年少年サンデーには「ラジオ製作教室」が夏休み連載されました。部品知識など理論編で4回、部品を揃え、製作で4回の本格的なものでした。ということでこんな本格的な自作入門が少年漫画雑誌に、あらためて驚きます。詳細はホームページをご覧ください。

Img_0797

2020年8月 9日 (日)

少年サンデー夏休み特集1962年

ホームページで例年やっているところですが、久々に資料を掘り出しています。すでに紹介したと思う号もあります。最近は見かけることも少なくなってきました。あっても高価なので夏休み・年末年始の号くらいにしています。1962年は創刊からまだ3,4年くらいしかたっていないので誌面はまだ試行錯誤が見られますが、月刊誌から週刊誌に人気が移行したのもこの頃です。

R1060479

2020年6月 3日 (水)

長野県青木村、五島慶太未来創造館一般公開

6月2日をもって一般公開を迎え「昭和39年渋谷ジオラマ」が展示されています。今月のDV-7の新刊「活用マニュアル6」では提供したジオラマ紹介の動画作成のテクニックを掲載することにしました。

Snapshot155

2020年5月 4日 (月)

西六郷少年少女合唱団の定期演奏会

例年なら5月3日は西六郷少年少女合唱団の定期演奏会を聴いて、みんなのうた熱中人と研究会なのですが、今年はコロナ禍で中止(延期)で寂しく、最近入手したソノシートを聴いていたところ、演奏会のテレワーク演奏が聴けることが分かりました。

https://www.youtube.com/watch?v=PEi98ddix20

R1060162

懐かしいソノシート(朝日ソノラマ) レコードと違い曲は短いがTV放送そのまま、または似た音源が収録されている50年以上前のもの。左は8曲中6曲、右は8曲中2曲を西六が歌唱。以前より持ってましたが今回のものは以前より比較的盤質が良かった。

 

2020年4月18日 (土)

五島慶太未来創造館の紹介ムービーが公開

Gotouimage85

昭和39年渋谷ジオラマは
長野県青木村にある
 東急の創設者五島慶太の未来創造館へ移設しました。
新型コロナウイルス拡大のため
4月18日(土)からの一般公開が延期となりましたが

2020年4月 5日 (日)

五島慶太未来創造館に「昭和39年渋谷駅東口ジオラマ」が展示

長野県青木村に今月出来る新しく出来る施設ですが、輸送が済んだということで本日現地へ確認調整に参りました。

北陸新幹線で上田まで。コロナ渦 のため東京駅で乗車した6両目には自分一人、下車時には増えましたがそれでも3人でした。五島慶太が生まれた村に出来た館は綺麗で立派なものです。細心の注意で運ばれたジオラマの破損は少なく調整は少なく済んでおります。全国で住みたい村一位に選ばれたことのある青木村だけに風光明媚、とても澄んだ空気です。

R1055455R1055446

 

2020年3月15日 (日)

60年代のプラモデル

R1060037 R1060038

サイトに掲載していますが、1965年当時作った「姫路城」のプラモデルの件。先日、河合商会のものを入手、これでないことは分かりました。相原模型の後期のものに相当する・・・ということでそれなら前期・初期のものをネットで探し、北海道の模型店から入手できました。比較すると違いが判ります。モールドの色、部品構成からもこれ(下)だと思います。55年ぶりの再会となりました。

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ