無料ブログはココログ

模型

2014年8月16日 (土)

工房 かたづけ

結局、模型材料のキット在庫から情景パウダーの在庫管理まで、全部を引き出し分類し直して使いやすく、また余剰は倉庫にしまうなど、一時はエターナルのショールーム兼、接客スペースいっぱいになったのですが1日半をかけ何とか収拾しました。

R0038903

ということエターナルと共有スペースの第2試聴室(本宅があるから第3か)に戻りました。

先週まで活躍していたTEL・FAX複合機はエターナルのコピー&プリンターで活躍。

2014年7月22日 (火)

ジオコレ完全マニュアル4

R0038637

がついたら、このシリーズ久々に出てました。

2012、2013のアイテムには知らないものが結構ある・・・
大半は入手難だろうけれど、汎用性の高いものは少ない・・・

など思いつつ、このところNゲージから少し離れていたことを反省した次第。

2014年5月 9日 (金)

レイアウトの加工

20年前に発表しました。

R0037950

懐かしい風景に加工しました。

R0037948

週末に撮影しようと思います。

2014年5月 6日 (火)

GW 工房作業

工房でははじめてになりますが模型の作業を行いました。

Imgp3744

久々にエアブラシを吹きました。

Imgp3745

小さなNゲージレイアウト(ジオラマ)ですが作ったのは1990年ころ、当時雑誌にも出まして2年ほど前にストラクチャー(構造物)を入れ替え、今回、塗装、ウェザリング(汚し)をしてテストで写真を撮ってみました。

2013年9月 5日 (木)

ミニジオラマ出品中

ヤフーオークションに100円で製作したミニシーンを出品してます。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n122368159

食玩に加工手を入れたもので、

鉄道模型で使う高級なパウダーなどを利用してます。

Img_7811_2

Nゲージより小さいZゲージスケールですのでがさばりません。

Img_7812

手法は鉄道模型ながら、車両は走行しません。

Img_7813

車両は数種、背景は6,7種類別々です。

2013年8月14日 (水)

1/2000スケール 航空母艦

ご要望がありましたので「赤城」

赤城も大きな艦だった訳ですが、信濃がいかに大きかったというのが判ります。

Imgp3547s

手前、信濃、 奥 赤城

ということで、このスケールで集められる艦です。

Imgp3546s

左手奥より

飛龍、蒼龍、瑞鶴、翔鶴、加賀、赤城、信濃

右手奥より

航空戦艦伊勢、雲龍、葛城、隼鷹、飛鷹、改大鳳、大鳳

2013年8月13日 (火)

艦船キットコレクション4改造 最終編

ここまで改造によるバラエティが広がると、・・・残るは誰もが予想するところではないか・・・と思います。

R0035159

大和型3番艦です。ミッドウェイ海戦の結果戦艦から空母へと転換、不運の・・・とか幻の・・・と呼ばれた「信濃」です。

R0035157


実際の作り方も本物同様でコレクション4の武蔵の下回りをベースです。その他はいろいろ考えましたが発売されている同じコレクション4の大鳳のパーツをコピー流用して取り付けています。

R0035156

これは予想外、思った以上の工作になってしまいました。

1/2000はやはり小さく、結構時間がかかりました。このあたりまで改造すればこのコレクション4のバラエティーも終了ということで良いでしょう。

夏休みのプロジェクトを進めなければいけません。

2013年8月12日 (月)

艦船キットコレクション4改造 超大和型

戦艦大和型の後継として、大和の主砲46センチを越える50cm砲(51cm)を搭載する予定だったといいいますが、起工もされず、完成もしませんでした。

R0035155

キットは46センチ3連装ですので砲身を取り去り、洋白線で連装砲としてしています。

背景の2隻は大和型の原案です。

2013年8月10日 (土)

艦船キットコレクション改造 改阿賀野型

夏休み1日目の軽工作。コレクションの4はマリアナ沖海戦に参加のアイテムで、その中でも阿賀野型の矢矧は人気のようです。

先日4セットを組んで、阿賀野型に所属した4隻を作り分けましたが、もう1隻入手しましたので改造で(改)阿賀野型としてみました。

R0035097

阿賀野型は評価は高いながら軽巡であったため、後継の改阿賀野型では後部砲塔1を追加、計画だけで終わったものです。

工作で追加する砲塔は型想い+プラリペア造型によるものです。

2013年8月 9日 (金)

艦船キットコレクション改造 「改大和型」

戦艦大和型の後継とされた110号艦はミッドウェイ海戦の敗北から空母に改装され「信濃」となる訳ですが、そのまま戦艦として完成したとすると・・・対空兵装の強化の「改大和型」としてはいくつかの可能性があったようです。その1つが副砲を撤去しまい、高角砲増強が間に合わず25mm連装を増強した・・・実はすでに大和型完成当初の副砲×4の装備を先日作って副砲が無くキットの利用です。25mm連装は型想いで型取り、プラリペアで注型しました。こうして簡単に工作できてしまうのが1/2000の魅力かもしれません。

R0035058

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ