無料ブログはココログ

工作

2020年8月10日 (月)

妻のめがねフレーム修理

以前よりやっていた折れた部分の造形の再挑戦です。あいにくネジ頭がつぶれてしまったこともありネットでネジを購入しました。

R1060480

2020年8月 8日 (土)

トランジスタ&OPアンプで音作り~トランジスタ2020年9月号

すでに書店でご覧になれるかと思います。フェーザー(フェイズシフター)で4頁です。もともとギターエフェクタ連載2期目用に準備したものです。1期のバックナンバーは入手難から、まとめ修正出版、4月発刊したのが「Rock音!アナログ系ギター・エフェクタ製作集 (CQ文庫)」です。新たにターゲットを決めて書かれた本ではありません。書籍ではLM13700のフェイザーでしたが、今月の記事はJ-FETで、代替参考にデバイスのランクや品種の違いによる変化特性、歴史や位置づけも記載しました。
R1060478

2020年8月 6日 (木)

トランジスタ技術2020年9月号~掲載見本誌届く

連休があるためでしょう、5日に来ました。一般記事扱いでエフェクタのフェーザーですが、先月で掲載予定で進めていたものです。

R1060477

2020年7月10日 (金)

今月のトランジスタ技術

2020年8月号は特集は定番の基板、そしてDVD構成。エフェクタ連載は今月は誌面調整でお休みです。先月掲載校正まで済ませているので来月以降をお楽しみにしてください。5年前の2015年8月号が楽器エフェクタの特集でしたから早いものです。すでにこの特集本は絶版ですが4月に出した「Rock音!アナログ系ギター・エフェクタ製作集 (CQ文庫)」はその後20回の連載からも集め1冊1度の購入で入手できる目的で作られました。回路図が分断される苦労はオリジナル版である月刊記事が入手できると解消します。今回の文庫化で対象読者を変えて書き直しはしてませんが、最新情報と可能な修正・関連補助情報は記載しました。文庫化で置かれる場所が広がったのでしょう、従来のエフェクタ自作本的な指摘は当然ですが、そうした意味では市場にはすでに多数の本があります。

Tr2008

2020年7月 8日 (水)

電池で蛍光灯点灯

子供の頃やっていた回路は汎用のトランスを使って簡単にできますが、球を傷めると聞きます。別件で共立エレショップの通販を利用していたところジャンク品ながら本目的の専用トランスが150円で入手できました。困っていた蛍光灯ソケットはマルツで1個91円でした。R1060319

2020年6月25日 (木)

3石スーパーラジオ自作

小学生の時、ゲルマラジ オを卒業して、学研のマイキット、マイキット・オールマイティーと進んで、中一1967年に作ったのが3石スーパーラジオでした。1度では鳴らず、叔父に調整して貰いました。今はオシロスコープもありますし、先日のツールもあるので調整までできました。

R1060305

2020年6月20日 (土)

製作ツールの改良

キャリア周波数をカウンタで直読できるようにしました。秋月のファンジェネはAM変調しても振幅一定のパルス波が出る端子があります。秋月で入手できる周波数カウンタはいく種かあります。完成品は1MHz以下は0表示で今回は使えません。水晶発振子周波数計測のカウンタを組みました。入力インピーダンスが低くしきい値も高いので入力バッファが必要です。電源は6Vのようで12Vから作るとロスが大きいため、今回は通販で買った180円のDCDCコンバータにしました。電源が6Vなので4000番C-MOS、OKI製が具合が良かったです。

R1060299

2020年6月17日 (水)

キットラジオのレフレックス化

1つのトランジスタで低周波と高周波の2役の増幅させ高感度を得るのがレフレックスです。先日、マイキットぽいキットが後年あったことを上げました。これを1石レフレックス化するユニットを作り、アンテナ線なしで高感度になりました。マイキットは1965年学研で登場し、その後のマイキットオールマイティー以後は、マイキットの後に実現できる回路数を表記するバリエーションで展開しました。自分の頃はダイオードを2本使うレフレックスはマイキットにはなくもし当時あればと思いました。

R1060282

2020年6月13日 (土)

小型蛍光灯のDC点灯

先日はキットを組み立てましたが、今度はオリジナルでやろうということです。蛍光灯は6型から4型に下げています。ヨドバシで入手できました。手持ちのトランジスタ1石で点灯しました。トランスも手持ちの小型ヒータートランスです。乾電池4本で動作しました。

R1060280

 

2020年6月12日 (金)

1石レフレックス・ラジオ

新規ルートで高周波チョークが入手出来たので作ってみました。子供の頃はクリスタル・スピーカーを使った2石レフレックスラジオも人気だったと思います。その頃はスーパーラジオは作りましたが、レフレックスラジオは作ることなくオーディオへ移行してしてしまいました。作ってみると感度は高く、耳が痛いほど大きな音で、アンテナなし、バーアンテナで4,5局が受信できました。

R1060281

 

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ